1. スノーボード インナーは何が良い?おすすめのアイテムをご紹介!

スノーボード インナーは何が良い?おすすめのアイテムをご紹介!

スノーボード インナーは何が良い?おすすめのアイテムをご紹介!

目次

スノーボードに必要なインナー。ウェアの下に着用するわけですが、みなさんしっかりと機能を考えて着用していますか?「何となく選んで買って、何となく着ている」そんな方も多いのではないでしょうか?インナーは何を重視して購入するべきなのか、どんな機能があれば良いのか、インナーについて詳しく解説してまいります。おすすめのアイテムもご紹介していくので、インナー購入時の参考にしてみてください。

スノーボードにインナーは必要?

「スノボはスポーツだから汗をかくし、ウェアも着るんだからインナーは必要ない」と思う方もいるかもしれません。雪遊びが身近だった方からすると当たり前のことに思うかもしれませんが、雪の中でスポーツをすること、寒い中スポーツをするという感覚が初めての方にとっては、インナーの着用に悩むことがあるかと思います。

スノボはウェアを着用しますが、ウェアの下にはインナーが必要になります。防寒対策はもちろん、汗をかくスポーツだからこそインナーが必要なのです。

そんなインナーについて、詳しく見ていきましょう。

インナーには種類がある

ウェアの下に着用する衣類として、「ファーストレイヤー」と「セカンドレイヤー」があります。レイヤーとは、重ね着のレイヤードのことを指します。

ファーストレイヤー

(モンベル) mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック S
amazonで詳細を見る

直接肌に触れる、最初に着るインナーです。

寒い中で行うスノーボードも汗をかきます。汗をかけばウェアの中は蒸れ、体を冷やしてしまいます。そのため吸湿性や速乾性のある素材がポイントになります。

セカンドレイヤー

Burton(バートン) フーディー パーカー メンズ フリース BONDED FULL‑ZIP HOODIE XLサイズ True Black 165381 撥水 速乾 透湿 保温
amazonで詳細を見る

ファーストレイヤーの上に着るインナーです。

防寒としての役割を果たしながらも、ファーストレイヤーで吸収した汗や湿気を外部に逃がす透湿性、そして体を冷やさない保温性のあるものが最適です。

セカンドレイヤーはその日の天候に合わせて着用を調整します。例えば、天候が良く気温が高い日なら長袖のファーストインナーのみ、天候があまり良くなく気温が低い日ならフリース素材のセカンドレイヤーも着用するなど、汗をかきすぎず動きやすいインナーを組み合わせて着用します。

スノーボード パーカーはどれがおすすめ?選び方や人気ブランドをご紹介!
スノーボード コーチジャケットとは?着こなし方やおすすめブランドをご紹介!
次へ >> インナー選びのポイント

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事