1. スノーボード ビンディングの種類や選び方は?おすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーボード ビンディングの種類や選び方は?おすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーボード ビンディングの種類や選び方は?おすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーボードのビンディング(バインディング)は履いてみた時の感覚やデザインで選ばれることが多いですが、バインディング次第で滑りに大きな違いが出てくるので、スノーボードにおいてかなり重要なパーツになります。

自分の足の力や技術をそのまま板に伝えてくれるビンディングを、かしこく選んで使ってみればこれまでとは比べ物にならない思い通りの滑りができるはずです。

これからビンディングを購入しようとしている方は、ビンディングを選ぶ時のポイントを確認しましょう。

ビンディングの選び方

ビンディングでもブランドや個々のレベルによって造りが大きく異なっています。安全に滑るためにもきちんと自分に合ったビンディングを選ぶ必要があります。

まずは自分の足に合うブーツを選ぶ

ブーツとビンディングを購入するなら、まずは自分の足に合ったブーツを先に購入しましょう。

ビンディングを先に買うとそれに合ったブーツを選ばなくてはいけなくなります。そうなると自分の足に合うか合わないかは二の次になってしまいますよね。仮にビンディングを買ってから自分の足に合うブーツを買っても、今度はビンディングとブーツが合わないなんてことにもなりかねません。

そこで重要なのが次のポイントです。

ブーツのブランドと合わせて選ぶ

ブーツとビンディングを同じブランドで揃えればサイズ規格が合致するので、ビンディングにブーツが合わないなんてことが少なくてすみます。

逆に言うと、それぞれ違うブランドで揃えてしまうとフィット感があまり得られずに違和感を感じたり、そもそもマッチングしなかったりします。

違和感を感じたまま滑ると次第にクセが付いてなかなか上達しなくなるので、違うブランドのあのデザインがいいと思ってもなるべくブーツとビンディングは同じブランドで揃えましょう。

スピード重視かトリック重視かで選ぶ

自分のスノーボードスタイルによってビンディングを選ぶのも大切です。

スピードを出してガンガン高速で走るライディングなどをする人は、踵をサポートする背面の部分のハイバックが 硬くて高いもの を選ぶと速いスピードでも微妙なエッジのコントロールができます。

逆にトリック重視でスピードはあまり出さないのであれば、ハイバックが 柔らかくて低い ビンディングを選ぶと良いです。

トゥストラップの形状を見る

トゥストラップはつま先を固定するパーツのことです。

このパーツの形状によってホールド力や滑る時のストレスの具合が大きく変わってきます。

従来のトゥストラップは細長いストラップを下へ締め付けるような構造になっています。圧力が大きいので、締め付けにより長時間滑るとつま先にストレスを感じて快適に滑られません。

しかし、近年トゥストラップの進化が著しく、FLUXのT.M.S(トゥーマスクストラップ)やBURTONのキャップストラップはつま先を包み込むような形で、上から下ではなく斜め下へ締め付けるような形になっています。

この構造によりフィット感が得られホールド力が高くなり、締め付けのストレスも軽減されます。

>>ビンディングの種類