1. サーフィン バックサイドのコツとは?テイクオフの姿勢など解説!

サーフィン バックサイドのコツとは?テイクオフの姿勢など解説!

サーフィン バックサイドのコツとは?テイクオフの姿勢など解説!

目次

波のボトムで波に背を向けターンしていく「バックサイド」。「バックサイド」は「フロントサイド」のターンに比べ、一見難しそうに見えますが、一連の流れとコツさえつかめばかっこよく技を決めることができます。

今回は「バックサイド」の動きの流れやコツ、姿勢、「バックサイド」の応用技である「バックサイドオフザリップ」などを解説していきます。

バックサイドとは

「バックサイド」は、「フロントサイドのボトムターン」の逆で、波に背を向けて「ボトムターン」してく技のことをいいます。これもサーフィンにおいて基本的な技で、「バックサイド」ができると様々な技に繋げられます。例えば、波のトップで派手に切り返しを行う技「バックサイドオフザリップ」などができるようになります。「バックサイド」はこのようにサーフィンの可能性を広めてくれる技なのです。また、一般的に「バックサイド」は「フロントサイドのボトムターン」をできるようになった方が次に挑戦する技であるという位置付けとなっています。

バックサイドの動きの流れ

「バックサイド」はこのような流れで進めていきます。

  1. タイミングを見極めテイクオフ
  2. 体制を整える
  3. ボトムターンからトップへ

1.タイミングを見極めテイクオフ

まずは、狙った場所に対してタイミングよくテイクオフをしていきます。波の崩れ具合を見ながら、波の「ブレイク」に合わせてテイクオフしましょう。その際に波の「ショルダー」の方向をみながら慌てずリラックスして奇麗にテイクオフすることを心がけましょう。波が掘れているのに合わせてレールを入れバランスを安定させます。

2.体制を整える

テイクオフをしてボードの上に立ってからは、体制を意識します。膝を軽く内側に曲げて、足腰を柔軟に動かせるように準備します。前足のかかとで板を踏むようなイメージでバランスを整え、ボトムまで下ります。この時に波の崩れ具合みて、「ボトムターン」をするタイミングを予測しておきます。

3.ボトムターンからトップへ

ボトムにたどり着いたら、力を抜き、体制を再度整えて「ボトムターン」移ります。肩を開き、前の手を進行方向に出しながらターンに入っていきます。後ろ足に力を加えつつ、ボードのレールを入れていきましょう。この時に前の腕で水を触りながらリードして、足、腰、上半身を動かしましょう。その勢いでトップへとターンをしていきます。

バックサイドのコツ

肩を開き、手を使ってリードする

テイクオフの後「バックサイド」を上手に決める上でも「肩を開く」ことは非常に重要です。ここでいう「肩を開く」というのは胸が進行方向に向いているようなイメージです。肩が開いていないと波のトップまで上がることも難しいです。また、レールに引っかかってボードから落ちてしまいます。

では、どうやって肩を上手に開いていくのかというと、「手」を使っていきます。前の手をリードすることを意識していくと自然と肩は開いていきます。手をリードさせ、水を触る、または水の近くに手を置いてターンをすることを意識します。

手をリードさせていてもなかなか肩が開かない方は、リードする手の手の平をできるだけ上に向けて見てください、そうすることで腕が連動して肩が開きやすくなりますよ。

リップをみる

ここまで、手を使い肩を上手く開くコツを説明してきましたが、「バックサイド」をする際に「視線」をどこに置くのかも重要です。体を開き「バックサイド」をしていきますが、その際に視線をリップに向けてくことで自然と上半身のひねりがましてターンがしやすくなります。

内股を意識

「バックサイド」で、あまりスピードがないと感じている方は、内股の体制ができているかを確認していきましょう。「バックサイド」の際の膝が内側に閉じていないと、ターンが上手く進んでいきません。コツとして後ろ足の膝を前足のかかとに近づけるようなイメージで「バックサイド」の体制を整えてみてください。

次へ >> テイクオフの際の姿勢

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事