1. サーフィン ボトムターンとは?そのやり方とコツをご紹介!

サーフィン ボトムターンとは?そのやり方とコツをご紹介!

サーフィン ボトムターンとは?そのやり方とコツをご紹介!

目次

「ボトムターン」は、サーフィンのターンの中でも基本中の基本となるテクニックです。「ボトムターン」ができると様々なアクションへと動きが繋がっていくので、サーフィン初心者が技術を上達させる上で、必須のテクニックとなっています。

ここでは「ボトムターン」のやり方をはじめ、コツや練習方法をご紹介します。サーフィン初心者で「パドリング」や「テイクオフ」をマスターした方は次のステップとして「ボトムターン」に挑戦していきましょう。

ボトムターンとは

「ボトムターン」はその名前の通り、波の「ボトム」(波の下にある平らな部分)で大きく深くターンをして、「トップ」(波がこれから崩れようとする部分)に向かって方向転換をすることをいいます。波のトップからテイクオフをして波を下ってきた時に、「ボトムターン」を行います。

波に飲み込まれないように「ボトムターン」をして体制を整え、様々なアクションに繋げていきます。「ボトムターン」をマスターできると、加速してトップで「リッピング」などの技ができるようになります。

ボトムターンのやり方

「ボトムターン」には「フロントサイド・ボトムターン」(以下フロントサイド)と「バックサイド・ボトムターン」(以下バックサイド)の2種類があります。「フロントサイド」は、波に対して体を正面に向いたまま、ターンしていくもの。「バックサイド」は波に対して背を向けターンしていくことをいいます。

ここからは、「フロントサイド」と「バックサイド」のやり方をそれぞれご紹介します。

【フロントサイド・ボトムターン】

  1. テイクオフして状態を安定させる
  2. ボトムターンへ体制を整える
  3. ボトムでターンをしてトップを目指す

1.テイクオフして状態を安定させる

波の崩れ具合を見ながら、トップ付近からテイクオフに入っていきます。「ボトムターン」を上手く決めるには、テイクオフの時点からボードを安定させることを意識します。そのために、波の掘れている具合に合わせレールを入れてのバランスを安定させていきます。

2.ボトムターンへ体制を整える

無事テイクオフができたら、足腰を柔軟に動かせるように体制を整えボトムへ下りていきます。力を抜き、腰を立てて胸を起こし、膝を内側に入れ低姿勢ですぐに動けるような状態を目指します。小波の場合は、前足を踏み込みスピードをつけて波を下りていきます。また、波の勢いがある場合は斜めに波を下ります。徐々に後ろ足に力を入れ、ターンの体制に入っていきます。

3.ボトムでターンをしてトップを目指す

後ろ側にある手を水面に近づけるイメージで、肩を下ろして低い姿勢でレールを入れていきます。その時にボードは後ろ足加重でコントロール。レールと体重移動を使ってターンをしていきます。上半身、下半身を連動させレールを入れていくことで遠心力使った上手なターンすることができます。ターンしている間、後ろ側にある手は後ろに流さず、水面の近くの位置にキープしておきましょう。

【バックサイド・ボトムターン】

  1. テイクオフして状態を安定させる
  2. ボトムターンへ体制を整える
  3. ボトムでターンをしてトップを目指す

1.テイクオフして状態を安定させる

ほとんど「フロントサイド」での動きと同じですが、「バックサイド」はターンする時に進む先の波が見えにくので、進行方向に目を向けることをより意識しましょう。

2.ボトムターンへ体制を整える

こちらも「フロントサイド」と同様に膝を内側に入れてリラックスした体制キープします。前にある手で上半身をリードする形でターンに入っていきます。

3.ボトムでターンをしてトップを目指す

「バックサイド」は、視界が悪いですが、焦らずしっかりボトムまで下りて「ボトムターン」を行なっていきます。ここでも低姿勢でレールを入れていきます。重要なのは、手をリードさせ水を触る、または水の近くに手を置き、肩を開きながら体をひねるようなイメージでターンをすること。「バックサイド」でも後ろ足加重のターンを意識していきましょう。前足を軸にするとノーズ側のレールが影響して失速してしまうので注意です。

ボトムターンのコツ

リップをみて進む

「ボトムターン」は、方向転換するだけではなく、その次の動作で技を決めるための動きです。そのため、「ボトムターン」をする際には、次の技を決める位置である「リップ」のあたりを見ながら進んでいきましょう。また、視線を先に向けておいたほうが自然と上半身の動きターンがしやすくもなります。

タメを使って深いボトムターンをする

「ボトムターン」をするにあたりタメを作ることで次のパフォーマンスに与える影響が変わってきます。タメを上手く使うと、安定してスピードに乗った深い「ボトムターン」ができるようになります。もし、タメを作るコツとして、ボトムでターンし始めるタイミングを1テンポ遅らせることや、前足に重心をかけずボードのテール側を軸にターンすることを意識してみましょう。

バックサイドでは、肩をしっかり開く

「バックサイド」で「ボトムターン」する際は「肩を開く」ことを意識しましょう。肩が開いていないと視界が狭く、トップまでいく前にレールに引っかかってボードから落ちてしまいます。肩を開くコツは、前の手を使ってリードをすることです。手で水を触るくらいの感じでターンをしていきます。手を出していても上手く肩が開かない方は手の平を上に向けて見てください。自然と肩が開きやすくなりますよ。

次へ >> ボトムターンの練習方法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事