1. サーフィン カットバックとは?タイミングやコツを解説!

サーフィン カットバックとは?タイミングやコツを解説!

サーフィン カットバックとは?タイミングやコツを解説!

目次

サーフィンを楽しむにあたり、波に慣れてくると波が厚くなった後に戻ろうとする動作や波にピークにのるタイミングを合わせたりしようと思ったことはありませんか。今回は、そのような方にサーフフィンのカットバックをマスターする方法を解説していきます。カットバックは常にパワーのある位置をキープするために必要な技で、これをマスターすると止まらず継続的にサーフィンが可能になり、岸まで1本の波でのっていくこともできますよ。

サーフィンのカットバックとは

カットバックとは、スピードと深いレールワーク、ヒザの柔軟性を使いサーフボードの進行方向を180度変えることをいいます。大きな波にのって加速してしまうと、波のピークよりも先に出てしまうことがあります。そこで、うまく波のピークに戻る時に使うのがカットバックです。カットバックすることにより、またピークに向かって波に乗るので、より波に長く乗ることが可能になります。基礎的なテクニックよりもよりスピードのコントロールが求められるので、レールを使いながらバランスを保てる技術を身につけた、サーフィン中級者の方向けのテクニックです。

カットバック成功までの流れ

  1. ボトムから仕掛ける狙いを持つ
  2. トップに上がり、水面を触る
  3. しっかりポケットを見る
  4. 進行方向に前の手を出す

1. ボトムから仕掛ける狙いを持つ

カットバックを決めるには、波のトップに上がってからカットバックをするのをしようと意識するのでは間に合いません。波に乗りつつボトムにいるときに、どのタイミングでカットバックをして理想の位置であるポケット(波の勢いがあるところ)にいけるかを意識しておくことが重要です。ボトムターンでトップに向かう時に、しっかり波がこれから崩れようとする場所を見てきましょう。

2. トップにあがり、水面を触る

トップに上がるにつれ、膝を折りたたんで重心を低く保ちます。そこから右側に回る場合、右手を水面に入れるようにして、逆の左手を前に出しながらボードを方向転換していきます。ここで前足を踏み込みすぎると倒れてしまうので、足のバランスを保ちましょう。

3. しっかりポケットを見る

水面を触り軸足を軸に左手を前に出せればあとは、回転してポケットを目指すだけです。しっかりとどこを目指すのかを意識して方向転換しましょう。

4. 進行方向に前の手を出す

ポケットが定まったたあとはその方向に向けて手を出していくと、進んでいききカットバックの成功です。その際に膝は伸びきらないようにキープしておくのが成功の秘訣です。また、手を振り回しすぎず、下半身の体重移動を意識してターンしていきましょう。

カットバック決めるタイミング

カットバックは波のポケットを離れたときに円を描くようにして、すぐにポケットのあるところに戻る一連の動作ですが、カットバックに入るタイミングとしては、波を駆けあがって、トップターンに入る時と同じタイミングをイメージしておくとよいでしょう。おおよそ波の7分目あたりのところでトップターンのイメージでターンします。またターンをした後に波を上がる角度が浅めになり、角度が小さくなるのを狙いとしてカットバックを決めましょう。そうすることで、自然と狙っていた次のポケットに進路を進めていくことができます。

カットバックのコツ

常にどこに進路を進めるかを定めておく

カットバックをするにあたり自分のポジションをライディング中にも正確に把握することが重要です。急な動きでカットバックを決めるのはかなり難しいので、常に波の強弱を見てどこに向けてカットバックをしていくのかを事前に判断しましょう。

波のトップでは重心を低く、後ろ足をうまく使う

サーフィンでは、前足加重と後ろ足加重を切り替えながら波を乗りきるのが一般的です。特にカットバックのようなレベルの高い技に関しては、テールの使い方、つまり後ろ足の使い方が技の成功の鍵を握ります。後ろ足を使うコツとして後ろ足からまっすぐと直立して立っているイメージを持っていることです。後ろ足から一本の軸となって上半身までを保っている感覚で回転すると、上手にカットバックが決まっていきます。

基本のターンを身につけ、体重移動を意識

カットバックを通して、いかにスピードを殺さず、波のポケットに位置を素早く戻せるかが重要です。そのためにはきちんとターンする技をマスターしておくことが求められます。カットバックは、基本のターンであるフロントサイド、バックサイドのボトムターンを合わせたような技となっています。ですので、ボトムターンがうまくできない人はまずはターンの練習からやっていきましょう。また、ターンができるようになれば、ターンをする際に体重の移動を意識してください。ターンする際に手をついますが、手だけでなんとかして回ろうとはせず、体重の移動も使ってターンをする意識を持ちましょう。体重移動がなれてくると、スムーズにターンができるようになりますよ。

次へ >> カットバックの種類

おすすめ記事