1. サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

目次

夏がもうすぐそこまでやってきています。今まではウェットスーツがほとんどで、なかなかおしゃれができないでいたかと思いますが、夏が来たらおしゃれの幅が広がりおしゃれをしながらサーフィンを楽しめるようになります。「暑くてウェットスーツは着たくない」「でも水着だけでは日焼けをしやすくなるし、けがも心配」そんな時こそ、ラッシュガードが役に立つのです。どうしてラッシュガードが役に立つのか、そして本当に必要なアイテムなのか、ラッシュガードについて詳しく紹介していきます。

ラッシュガードとは?

ラッシュガード
(ボディグローブ) BODY GLOVE ラッシュガード X411-672 40ブラック ブラック L
amazonで詳細を見る

ポリウレタンやポリエステルなどの素材からできた薄手の生地が特徴です。生地が薄いため、ウェットスーツのインナーとしても着用することができ、ウェットスーツと肌の摩擦によるけがやウェットスーツの素材によって起こるかぶれなどを防ぐこともできます。

また速乾性と伸縮性、そしてUVカットの効果が高いため日焼け防止として、マリンスポーツのみならず様々なシーンで着用する人が増えているアイテムでもあります。特に海面と砂浜は紫外線を反射させ、最も日焼けをしやすい場所されています。ラッシュガードを持っていれば、日焼け対策には最適なアイテムとなります。

さらに、濡れた体のままでいることで体が冷えたり、天候によって風が冷たい時なども季節を問わずさっと羽織ることができます。

もちろんラッシュガードでサーフィンをすることもでき、あらゆるシーンで活躍する万能アイテムなのです。

>>ラッシュガードの種類

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>