1. サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

サーフィン ラッシュガードは必需品?その種類とおすすめブランドをご紹介!

目次

夏がもうすぐそこまでやってきています。今まではウェットスーツがほとんどで、なかなかおしゃれができないでいたかと思いますが、夏が来たらおしゃれの幅が広がりおしゃれをしながらサーフィンを楽しめるようになります。「暑くてウェットスーツは着たくない」「でも水着だけでは日焼けをしやすくなるし、けがも心配」そんな時こそ、ラッシュガードが役に立つのです。どうしてラッシュガードが役に立つのか、そして本当に必要なアイテムなのか、ラッシュガードについて詳しく紹介していきます。

ラッシュガードとは?

ラッシュガード
(ボディグローブ) BODY GLOVE ラッシュガード X411-672 40ブラック ブラック L
amazonで詳細を見る

ポリウレタンやポリエステルなどの素材からできた薄手の生地が特徴です。生地が薄いため、ウェットスーツのインナーとしても着用することができ、ウェットスーツと肌の摩擦によるけがやウェットスーツの素材によって起こるかぶれなどを防ぐこともできます。

また速乾性と伸縮性、そしてUVカットの効果が高いため日焼け防止として、マリンスポーツのみならず様々なシーンで着用する人が増えているアイテムでもあります。特に海面と砂浜は紫外線を反射させ、最も日焼けをしやすい場所されています。ラッシュガードを持っていれば、日焼け対策には最適なアイテムとなります。

さらに、濡れた体のままでいることで体が冷えたり、天候によって風が冷たい時なども季節を問わずさっと羽織ることができます。

もちろんラッシュガードでサーフィンをすることもでき、あらゆるシーンで活躍する万能アイテムなのです。

ラッシュガードの種類

プルオーバータイプ

プルオーバータイプ
アディダス adidas ラッシュガード メンズ O(身長177-183cm) 長袖 水着 プルオーバー ビッグロゴ 国内正規品 BK5627 ブラック/コアヘザー
amazonで詳細を見る

プルオーバータイプには、半袖仕様と長袖仕様があり、どちらも被って着用します。サーフィンなどマリンスポーツを行う時やウェットスーツのインナーとして使用することができます。

長袖であれば、日焼け対策やけがの防止にもつながります。

ジップアップタイプ

ジップアップタイプ
FOOTMARK(フットマーク) ラッシュガード フィットネス スクール水着 ラッシュガード シャインガード フルジップタイプ 101582 サックス(06) 3L
amazonで詳細を見る

被るタイプのプルオーバータイプとは違い、前にファスナーが付いているためさっと羽織りやすく着脱しやすいのが特徴です。このタイプであれば、子供でも着脱しやすいので持っていると便利なタイプです。

プルオーバータイプ同様、インナーとしても活躍できます。

パーカータイプ

パーカータイプ
LEYTON HOUSE(レイトンハウス) メンズラッシュガード 長袖パーカータイプ BK LRT-307 ブラック L
amazonで詳細を見る

フードが付いたパーカータイプもあり、ラッシュパーカーとも呼ばれます。パーカータイプなのでファッション性もあることから、マリンスポーツだけでなくアウトドアのシーンでも日焼け対策として活躍します。

また、フードを被ると頭や首回りの日焼け対策にもつながります。

ノースリーブタイプ

ノースリーブ
2017 Hurley ハーレー ラッシュガード メンズ FUSION MESH TANK [MZRFMT17] ノースリーブ サーフィン マリンスポーツ用 (BLK, M)
amazonで詳細を見る

日焼けやけがの防止のためにラッシュガードの着用を考える方にはおすすめできないですが、ウェットスーツのインナーとしてラッシュガードを着用したいという方にはおすすめのタイプです。袖がないことで、ウェットスーツと2重にならず腕を動かしやすいメリットがあるのです。長袖のウェットスーツを着用する方におすすめです。

水陸両用Tシャツタイプ

Tシャツと変わらないデザインで一見普通のTシャツなのですが、これまで紹介したラッシュガードと機能は変わらず、速乾性や伸縮性、UVカット効果を持ち合わせているため、着用したまま海に入ることができます。

Tシャツデザインのため、他のスポーツや普段着としても使用しやすいです。

冬季用タイプ

寒いシーズン用に、裏起毛タイプのラッシュガードもあります。裏起毛なので暖かく保温性があり、ウェットスーツのインナーとして着用できます。冬に着る機会が多いドライスーツに合わせるとより防寒効果が高まります。

冬にもサーフィンをするという方は、持っていると便利な1着です。

パンツタイプ

パンツタイプ
PONTAPES(ポンタペス) 全7色柄 ラッシュガード トレンカ メンズ レディース PR-4600 BLK Lサイズ UVカット UPF50 + 
amazonで詳細を見る

その名の通り下半身用のラッシュガードで、レギンスタイプやトレンカタイプがあります。足の日焼け対策やけが防止に有効的で、ウェットスーツのインナーとしても活躍します。

サーフパンツやショーツと合わせて着用することもでき、ビーチでのファッションとしても使えるアイテムです。

グローブ

ラッシュガードと同じ素材で、伸縮性や速乾性、UVカットの効果を備えたグローブタイプは、手の日焼け防止やけが防止に役立ちます。長袖のラッシュガードには、手の甲まで保護できるデザインのものもありますが、手の日焼けやけがに注意したいという方はグローブタイプを用意しても良いですね。

ラッシュガードを着る最適な時期はある?

ラッシュガードの種類を紹介してきましたが、ぜひ着ておきたいという時期はやはり夏です。

少しの日焼けなら気にしないという方もいるかもしれませんが、日焼けのダメージは時間が経ってから実感します。そんな時が来て後悔しないためにも、ラッシュガードで日焼け対策をすることは大切なのです。

そのため、夏場にはウェットスーツを着ないという方も、ラッシュガードで海に入ることをおすすめします。

また紹介した通り、ウェットスーツのインナーとしても活躍します。夏場でもウェットスーツを着るという方は、肌の摩擦によるけが防止に最適です。冬場なら、防寒対策として大活躍します。

シーズンやシーンに合わせて、用意しておくと便利です。

ラッシュガードの選び方

①ウェットスーツのインナー用の場合

インナーとしてラッシュガードを着用する場合は、体にフィットしたサイズが最適です。大きめのサイズを着用してしまうと、ウェットスーツの着脱がスムーズにできなかったり、ウェットスーツの中がごわついてしまい動きにくくなる原因になってしまいます。

②日焼け対策の場合

当然ではありますが、UVカットの効果が高いものを選びます。ラッシュガードには、衣類の紫外線保護係数「UPF」が表示されています。この指数は、紫外線からどのくらい肌を守る効果があるかというもので、この表示を確認して購入することで効果に期待できます。

※ちなみに・・・

特に夏場に言えることですが、ラッシュガードで海に入る場合には着替え用や羽織用を別に持っていくことをおすすめします。

速乾性があるとは言え、濡れたままのラッシュガードを着たままでいると体が冷えやすくなり寒さを感じるようになります。防寒対策のためにも、予備があると便利です。

ラッシュガード おすすめのブランド

Hurley(ハーレー)

Hurley
(ハーレー) HURLEY ラッシュガード RASH ZIP HIGH NECK O&O MKNZLY86 00A XL
amazonで詳細を見る

世界中のサーファーから人気の高いサーフブランドのハーレー。スタイリッシュでシンプルなデザインは、特に若い世代から支持を受けています。また、メンズだけでなくレディースラインも充実しており、女性からの人気も上昇中です。

Billabong(ビラボン)

Billabong
(ビラボン) BILLABONG 半袖 ラッシュガード タイトフィット (日焼け防止 : UVカット) RASH GUARD/AH011-850 < メンズ > AH011-850 BLK BLK_ブラック L
amazonで詳細を見る

こちらも世界的に有名で人気のサーフブランドですが、種類豊富なサーフアイテムだけに留まらず充実したアパレルラインで人気を博しています。ラッシュガードなどのデザイン性もバラエティに富んでおり、男女問わず支持の高いブランドです。

次へ >> おしゃれでいたい、女性のみなさんには!

おすすめ記事