1. サーフィン アップスのコツとは?やり方と練習方法をご紹介!

サーフィン アップスのコツとは?やり方と練習方法をご紹介!

サーフィン アップスのコツとは?やり方と練習方法をご紹介!

目次

サーフィンにアップスは必要不可欠なテクニックです。波の上で加速して技を行う前に、スピードにのる基本の動作として使われています。今回はアップスのやり方をはじめ、コツや練習方法をお伝えします。

アップスとは

サーフィンでテイクオフできるようになってきたら次に挑戦してみたいのがアップスです。アップスは、アップスンダウンの略で、波のトップに登るのと、ボトムに下るのを繰り返し上下に波に乗っていくテクニックです。波が弱いときや、大きい波を待っているときによく使われます。

サーフィン テイクオフのコツとは?!足の位置など初心者必見!

アップスのやり方

アップスの流れは以下の通りになります。

  1. 波の割れ方をみて、アプローチする向きに向かってテイクオフ
  2. レールを入れトップに向かう
  3. レールを抜いてボトムに下りる
  4. 繰り返す

1.波の割れ方をみて、アプローチする向きに向かってテイクオフ

まずは、波の割れ方を確認して、テイクオフに入っていきます。テイクオフができたら、低姿勢から徐々に膝を伸ばしていき波の上でバランス整えます。

2.レールを入れトップに向かう

テイクオフが決まったら早速トップに向かい、アップスに入っていきましょう。まずは登っていくトップに目線を向け、膝を曲げて、後ろ膝を内側に入れましょう。後ろの足を後ろにけるように動くと同時にレールを入れます。この際に上半身も下半身に置いてかれないよう連動して、トップの方向に向けましょう。イメージはジャンプをするような感じでレールを入れ方向転換します。

3.レールを抜いてボトムに下りる

波のトップに向かい、トップにいきすぎる前にボトムに下りる体勢入ります。膝を曲げて低姿勢を保ち、波に入れていたレールを抜いていきます。波の下る方向に目線を向け、上半身もひねりながら下っていきます。

4.繰り返す

また、波のボトムまできたら先ほどと同じようにトップに向けて進む動作を行います。これが繰り返しできるようになれば上達です。

アップスのコツ

方向転換する時のコツ:レールを入れることを意識

上半身の動きだけでは、サーフボードは向きが変わりません。常にレールを入れて方向転換することを忘れないようにしましょう。レールを入れるのに合わせて上半身も上手に使っていきます。

スピードにのるコツ:両腕を振り上げる

テイクオフをスピードに乗って行うコツとして、テイクオフ後に両腕を振り上げることがあります。両腕を振り上げることで抜重に、両腕を下げると加重になりボードに伝わりスピードが上がっていきます

アップスの練習方法

スケボーで練習する

スケボーでスピードにのる動作と、アップスのスピードにのる動作は似ているので、スケボーにのって陸でも練習できます。また、体の重心の入れ方などもスケートボードにのって覚えたりできるのでオススメですよ。

オススメのスケボー練習ステップ

1.アップスの感覚をつかむ

初心者の方まず練習を始めるにあたり、アップスとダウンの練習を分けて動きを覚え、徐々に一連の動きができるように進めていきましょう。少し内股気味にスケートボードにのり、少しかがんだ状態から、前足から力を加え膝を使い伸び上がる練習をしてみましょう。

2.ダウンの感覚をつかむ

アップスの時と同じ体勢でスタートさせますが、踏み込む際に進もうとしている方向で腕を回してみるのを意識して動作を行っていきましょう。

3.一連の流れで試してみる

1と2が別々でできるようになったら、一連の流れで体を動かしてみましょう。その際にスピードを落とさずにできていると良いでしょう。どこかで失速している場合は、体の向きや腕の振り具合を調整してみましょう。

スケボーでサーフィンが上達する?!陸トレの方法とは?

まとめ

ここまでアップスの動作をはじめ、コツや練習方法を紹介しました。アップスはサーフィンを始めて序盤に覚えるテクニックですが、アップスを通して次のテクニックへと繋いでいく動きであるので、やりすぎには注意しましょう。アップスをマスターできるようになったらどんどん新しいテクニックも覚えていきましょう。

関連記事はこちら

サーフィンの筋トレとは?鍛えておくべき筋肉と筋トレ方法を徹底解説!
サーフィンワックスの種類とは?おすすめのワックスとその特徴をご紹介! 

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事