1. サーフィン バケツは必要?サーフバケツの使い方とおすすめをご紹介!

サーフィン バケツは必要?サーフバケツの使い方とおすすめをご紹介!

サーフィン バケツは必要?サーフバケツの使い方とおすすめをご紹介!

目次

サーフィンをするにあたり、荷物を持ち運ぶのが面倒であったりしたことはありませんか。例えば、サーフィンをした後に濡れたウェットスーツなどを周りを汚さずに持ち運ぶのに便利なのがサーフィン専用のバケツです。今回はサーフィンをするにあたり、必須アイテムであるサーフィンバケツの解説と使い方、オススメのバケツをご紹介します。

サーフィン用のバケツとは

Tools water box
トゥールス ( TOOLS ) TOOLS WATER BOX (バケツ) 蛍光ピンク お着替え アフター サーフのウェットスーツ入れに
amazonで詳細を見る

一般的なバケツは水を組んだり、水を貯めるために使われますが、サーフィン用のバケツは主に濡れたウェットスーツなどの荷物の持ち運ぶ時などに使われています。サーフィンバケツは、シリコンのような柔らかい素材でできており、耐久性に長けているのが特徴です。バケツの大きさは42リットル程度の大きいサイズのものが多く、価格は2000円程度で購入できます。デザインは6〜8色の色を揃えているところが多くあり好きなデザインを選べます。

>>サーフィンにおけるバケツの使い方

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>