1. パルクール 靴を買うならこれ!初心者におススメのシューズ5選

パルクール 靴を買うならこれ!初心者におススメのシューズ5選

パルクール 靴を買うならこれ!初心者におススメのシューズ5選

目次

パルクールシューズの選び方

Nike Air Max 90
(ナイキ) エア マックス 90 プレミアム メンズ ランニング シューズ Nike Air Max 90 Premium 700155-011 , 27.0 cm
amazonで詳細を見る

パルクールを行う上でたった一つだけの必要な道具それが「シューズ」です。そしてシューズを選ぶ際に重要なポイントが「グリップ力、クッション性、耐久度」大きく分けてこの3つです。それぞれ何故重要かをご説明します。

東京のパルクール教室まとめ!初心者でも安心の施設をご紹介!

①グリップ力

高い場所や着地面積が狭い所(レール等)に飛び移り高速で移動するので、シューズのグリップ力はとても重要度が高いポイントです。具体的には、ソールに突起が少なく、区切りの無い1枚のゴムで作られている物がグリップ力が高く理想的です。ランニングシューズであるような足裏をサポートする為に一部プラスチックが使用されているような物は大変滑りやすいので避けた方が良いです。

②クッション性

着地やジャンプの踏切りで、足らには常に負担が掛かっている状態です。少しでも衝撃を緩和するためにもクッションが厚めの方が好ましいです。しかしクッション性が高いシューズは総じてソールに厚みが出てしまい、足先の繊細な動作や感覚が鈍くなってしまいます。初心者は厚めのソールを選び「ランディング」や「Pkロール」で着地時の衝撃をしっかりと緩和できるようになったら薄めのソールにして行く事をおススメします。

③耐久性

パルクールの練習は高い場所から飛び降りたり、壁を蹴ったり、急制動を多用しシューズに負担が掛かる動きがとても多く耐久性の低いシューズではすぐに壊れてしまいます。靴底であれば、グリップ力の所でもお話したように、区切りに無い1枚のソールが理想的です。踵、つま先とパーツが分割されていると耐久性低く、すぐに剥がれてきてしまいます。軽くて柔らかいナイロンやメッシュをアッパー(足の甲)の大部分に使いながら、地面と接しやすい部分はスウェードで補強されているという構造が、多くのトレーサーに愛用されているモデルの一般的な特徴です。

しかしパルクール専用に開発されたシューズは生産されている数も少なく、ほとんど流通していないので初心者の方はどの靴を選べば良いのか分からないと思います。今回は簡単に入手する事が出来て、3つの重要なポイントを兼ね備えたパルクールに適しているシューズをメーカー別に特徴を交えてご紹介します。

Nike Air Max 90シリーズ

Nike Air Max 90
(ナイキ) エア マックス 90 プレミアム メンズ ランニング シューズ Nike Air Max 90 Premium 700155-011 , 27.0 cm
amazonで詳細を見る

Nike Air Max 90シリーズはソールが全体的に厚くクッション性が特に優れているシューズなので、着地時の衝撃を大幅に吸収してくれるので特に初心者におススメのシューズです。
ソールに突起はありますが、ラバーの素材が柔らかめなので地面をしっかりと捉えてくれます。
ただしシューズ本体に高さがあるので、パイプ等の設置面積が少ない所では不安定になりがちです。
初心者の内は特に適しているシューズですが、中級者になると少し不満が出てくるかもしれません。

Nike Internationalistシリーズ

Nike Internationalist
[ナイキ] スニーカー INTERNATIONALIST 828041-201  ディープピューター/セイル/ブラック/アンスラサイト/ウルフグレー/セイル 28
amazonで詳細を見る

Nike InternationalistはAir Max 90シリーズから多少ソールを薄くして軽量化をしたバランスの良いシューズです。もちろんソールは1枚の区切りの無いラバーなので耐久性にも優れています。Air Max 90シリーズよりも値段が安価なのも嬉しいポイントですね!

NewBalance 996 シリーズ

NewBalance 996
[ニューバランス ]new balance MRL996 (27.0cm, JN (Black))
amazonで詳細を見る

NewBalance 996シリーズはソールの厚さ、柔らかさ共にバランスが良く、ソールの突起もほとんど無いので特に滑りにくいシューズです。とてもクセが少ないので人を選ばないパルクールに適しているシューズと言えます。

次へ>> Onitsuka Tiger X-Caliberシリーズ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事