1. パルクール やり方&コツをご紹介!

パルクール やり方&コツをご紹介!

パルクール やり方&コツをご紹介!

目次

パルクールは元々周囲の環境を利用しながら、目標地点まで最速で当到達する為の移動術でした。しかし最近は、最速で目標地点に到達するというよりも、障害物を利用しながらパフォーマンス豊かに魅せる移動術としての要素が高まってきています。

パルクールには無数のトリックがあり、今でも新しい技が開発されています。その中でも初心者が初めに身に付ける基本的なトリックをコツを交えてご紹介します。

ヴォルト(Vault)

ヴォルト(Vault)は足と手両方を使って障害物を飛び越えるトリックの総称です。パルクールの中でもとても重要な役割を持ち、使用する回数も一番多く次のトリックの起点になるのも特徴です。着地の次に大事と言っても過言では無く、やり方によって様々な呼び名に分かれており「〇〇〇ヴォルト」と名前が変わります。代表的な二つのヴォルトをご紹介します。

ステップヴォルト(Step Vault)のやり方とコツ

ステップヴォルトは片足と片手を障害物にかけて残った足を浮かせ前に突き出し、飛び越えるトリックです。ヴォルト系の中でも最も簡単で基本動作になります。

①助走をつける

(飛び越える障害物が高ければ高いほどスピードが必要となるので助走距離は伸びます。)

②左足で踏み切る

(初めは効き足で構いませんが、どちらでも両方の足で踏み切れるようになると良いです。)

③右足を障害物に乗せる

(踏み切った瞬間反対の足を振り上げて高さを出します。)

④左手を障害物に乗せる

(3で乗せた右足と輪を作るイメージです。)

⑤左足を左手と右足の間に通す

(4で作った輪に踏切に使った左足を通します。この時輪を通す足は障害物に触れないようにします。)

⑥左足から着地


今回は左足で踏み切る前提で解説しましたが、踏み切る足が右足になれば着く手も逆になります。

スピードヴォルト(Spped Vault)のやり方とコツ

スピードヴォルトは助走で付けた勢いを保った状態で障害物を跳び越えるトリックです。低い障害物をスピーディーに飛び越える時に有効で、連続で使用する事が出来るのが特徴です。

①助走をつける

(ステップヴォルトと同様に、障害物が高ければ高いほどスピードが必要になります。)

②片足で踏み切る

(この時踏み切った足の方向に体を傾けて障害物に対しなるべく並行にします。左足で踏み切れば体を左に、右で踏み切れば体を右にして下さい。)

③踏み切った足と同じ手を障害物に乗せる

(この時傾けた体を腕で支えつつ前方に力を加えます。)

④踏み切った方の足で着地


スピードヴォルトは魅せる移動法としてとても有効的ですが、片手片足で行うトリックなので障害物によって右で踏み切った方が良い場合と左で踏み切った方が良い場合に分かれてしまいます。両足どちらでもスピードヴォルトが出来るようにしたいですね!

プレシジョンジャンプ(Precision Jump)

プレシジョンジャンプは狙った場所に正確に飛び移るトリックです。トリックというよりも技術といったほうがイメージし易いかも知れませんね。パルクールの基本動作である”飛ぶ”という行為は自分が狙った所に正確に着地出来なければいけません。そこで必要となるのがプレシジョンジャンプです。

プレシジョンジャンプ(Precision Jump)のやり方とコツ

①両腕を後ろに持って行く

(勢いをつける為にバランスが崩れない程度後ろに持って行ってください)

②膝を軽く曲げる

(両腕を後ろに持って行く動作ど同様に勢いをつけるための助走の動きです)

③腕を振り上げると同時に、曲げた膝を伸ばしジャンプする

(飛び上がった時、自分が着地しようと思っている場所から目を離さないようにして下さい。)

④空中で腕を後ろに持って行く

(これは空中でのバランスを取るためと着地の準備動作になります。)

⑤着地


プレシジョンで飛び「ランディング」や「Pkロール」のような着地技につなげるのでとても大切な技です。まずは近い距離でしっかりとフォームを身に付け、徐々に距離、高さを伸ばして繰り返し練習しましょう。

ウォールラン(Wall Run)

ウォールランは壁や台などの障害物を蹴って登ったり移動するトリックです。普通にジャンプしても届かないような高所によじ登る時に使用するトリックで通常は一度だけ壁を蹴り上げるのですが、上級者になると複数回壁を蹴り上げて更に高所に手をかける事が出来るようになります。

ウォールラン(Wall Run)やり方とコツ

①助走をつけ、壁に向かってジャンプします

(掴みたい対象が高いほど助走を使って勢いが必要になります。)

②壁を蹴り上げる

(ジャンプしてつま先が壁に着いた瞬間真上に素早く蹴り上げて下さい。)

③手で壁を押仕上げる

(蹴り上げた足と対角の腕を使います。体を上に摺り上げるイメージです。)

④頂上に手を掛ける

(摺り上げに使った腕と反対の手を真上に振り上げ、頂上の角を掴んでよじ登ります。)ウォールランは助走をつけて走るという横に作用している力を、壁を蹴って強制的に力の向きを真上に向ける動作です。コツは蹴った瞬間に背伸びをするように意識するとより力を真上に向けやすいので高い場所に手が届くようになります。

クライムアップ(Climb Up)

クライムアップは壁の角に手をかけて登るトリックです。一見地味な動作に見えますが、体の使い方が難しい技とされており、上記で説明したウォールランの後に繋げる技です。

クライムアップ(Climb Up)のやり方とコツ

①壁の角に手をかける

(角の形に合わせて、指も90°曲げてより密着させるようにして下さい。指をかける位置は指の第二関節だと力が入りやすいです。この時両腕は完全に伸びている状態です。)

②引き上げる

(伸ばしていた両腕に一気に力を入れて上体を起こします。同時に片足で壁を上に摺り上げて上方向に力を加えます。)

③手の平を角の上に乗せ勢いをつける

(2で引き上げた勢いをそのまま手の平に乗せ、肘も伸ばします。)

④足を乗せるて起き上がる

(ぶら下がっている足を交互に乗せて起き上がります。この時、勢いを利用するとスムーズになめらかな動きが可能になります。)クライムアップは体の使い方がしっかり出来ていないと難しいトリックです。コツはそれぞれの力を込める部位を意識して力を順番に伝えて行くことが重要です。指先から腕、肩、背筋、と力を加えて行く場所を意識してみた下さい。ウォールランから繋げる場合はなるべく勢いを減らさない様にするとスムーズなクライムアップが出来るようになります。

関連記事はこちら

パルクール 初心者向け!始め方を徹底解説!
パルクール 靴を買うならこれ!初心者におススメのシューズ5選

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事