1. スケボーがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

スケボーがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

スケボーがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

目次

2020年の東京オリンピックの正式競技として採用されたスケートボード。若者を中心として人気の競技です。これまでストリートカルチャーとして親しまれてきた、スケートボードですが、オリンピック種目に採用されたことで、新たな転換期を迎えています。

今回はオリンピックで行われるスケートボード種目の見所と、注目の若手日本人選手を解説いたします!

スポーツとしてのスケートボード

スケートボードは元々ストリートカルチャーから生まれた文化です。スポーツとしてではなく、移動手段、音楽、ファッション、自己表現と密接に結び付いています。スケートボードの始まりは、1960年代にアメリカのサーファーたちが陸での練習に、水を抜いたプールや公園でスケートボードを滑り始めたのがキッカケで広まりました。

1970年代になると日本でも徐々に浸透して、常に新しいものを追い求める原宿で爆発的に広まり、歩行者天国はスケートボードに乗った若者で溢れたといいます。この時はスポーツとしてではなく、ファッションや若者文化として広まっていました。

スケ―トボードが競技として認識されたのは、1994年に誕生したExtreme Games(エクストリームゲームス)からといわれています。現在は名前を変えてX Gamesとしてエクストリームスポーツ最大の大会となりました。

X Gamesからスケートボードの採点競技は始まり、今では世界中で大会が開かれています。しかしスケートボードはスポーツとして広まったというよりも、個人の表現として広まりました。個人で練習して大会に挑み、より難度の高いトリックを披露してみんなで褒め称えあう。競技として高みを目指すというよりも、自分を表現、自分の限界にチャレンジする側面が強くあるので、世界選手権の開催実績も無く、国際的な統一ルールも存在しません。

一部のスケートボードの世界トップクラスの選手たちは、スケートボードの競技化に疑問を覚えています。スケボーは自由な文化、点数を追い求めるだけがスケートボードじゃないとの声もあります。

世界中のスポーツがオリンピックの種目に採用されることを望んで、オリンピックで金メダルをとるのが目標にする選手が多い中、スケートボードのこの考え方は、ストリートカルチャーから生まれた文化だからこそと言えます。

スケートボードがオリンピックの正式種目として採用されるのは良いこともたくさんあります。若い人達にスケートボードを知ってもらうキッカケになるので、スケートボードの競技人口が世界中で増加すると言われています。

オリンピックは若者を取り込むことに力を入れています。スケートボードを正式競技とすれば今までとは違った若い層を取り込めると考えられています。事実日本のスケートボードのメダル候補の有力選手たちは2020年のオリンピック開催時でも19~22歳と若いのが特徴です。

スケートボードオリンピック正式競技「パーク」「ストリート」

オリンピックで採用されたスケートボード競技は「パーク(PARK)」と「ストリート(STREET)」の2種、男女合わせて計4種目で実施されます。それぞれどんな違いがあるか解説いたします。

ストリート(STREET)

ストリート

パークは階段や手すり、縁石やベンチ、壁や坂道を直線的なセクション(構造物)を配置し、疑似的に街を再現したコースを走ります。パークとはそのコースの中でセクションを使ってさまざまなトリックを繰り出す競技です。

トリックの難易度や高さ、スピード、オリジナリティ、完成度、そして全体の流れを見て審査員が判断し採点する競技です。基本的に自由演技なので、選手たちのセンス・テクニックを存分に見れる種目となっています。

手すり(ハンドレール)ではデッキを直接レールに当てて滑る「スライド」、デッキとウィール(車輪)を繋ぐ金属部分を当てて滑る「グラインド」がよく行われます。

レールに乗るときは、手を使わずにボードと共にジャンプする「オーリー」というトリックを活用します。素人から見ればどのような理屈で技を繰り出してるのか分かりませんが、選手たちはいとも簡単にトリックを繰り出します。

デッキを回転させるフリップ系の技もよく行われます。選手自身が回りながらデッキも回し、手を使わずに再び足に戻すハイレベルなトリックもあります。デッキの回し方は水平、縦、横と自由自在です。

あまりにも簡単にトリックを繰り出すので、簡単そうに錯覚してしまいますが、どれも超高難度の技ばかりです。観客に意表を突くテクニックを成功させて、会場を沸かせ一体となるのがスケートボードの競技としての楽しみ方の1つです。

パーク(PARK)

パークはお椀型のボール、深皿型のプールのような形状の曲面を組み合わせたコースで行われます。直線的なセクションが中心のストリートに対してパークはアール(湾曲)がついた曲線的な形状となっています。

曲線と言っても深いパークコースの上部はほぼ垂直になるので、ここを一気に駆け上がり空中へ飛び出すエア・トリックが中心となります。

エア・トリックが中心なので、スノーボードでいうハーフパイプのようなイメージです。

キッカー(ジャンプ台)で空中に飛びながらデッキを手でつかんだり、ポージングをしたりします。浮遊するエア・トリックをスピード感溢れる中で繰り出すので、スリリングなカッコよさを目の当たりにすることができます。

パークはストリートよりも、危険性が高いですが、派手でダイナミックなトリックを連発するのが特徴です。

スケートボードは、コース取りやトリックの順番、種類はすべて自由です。同じトリックでも、スピードがあるのと無いのでは流れのシャープさが違います。 スピードも重要な要素ですが、難易度や独創性を加味して総合的に評価されます。

採点ははフィギュアスケートのようにいくつかポイントについて基準が設けられると言われています。スケートボードのオリンピック競技は2020年の東京オリンピックが初めてなので、点数がどのように加算されて決まるかも見所の1つですね!

日本人の注目選手「平野 歩夢」

日本人で特に注目されている選手の1人として、「平野 歩夢」選手が上げられます。平野選手は、冬季2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続ハーフパイプ種目の銀メダリストです。

平野選手はスケートボーダーではなくスノーボーダーですが、現在2020年のスケートボードオリンピック種目に出場を検討しているようです。スケートボードとスノーボードは密接な関係があり、プロスノーボーダーが雪上で練習できないオフシーズン中は時はスケートボードで感覚を養っています。

オリンピックに始まる様々なスノーボードの大会を連覇している「ショーン・ホワイト」選手はプロのスノーボーダーでもありながらプロのスケーターでもあります。スノーボードとスケートボードの両競技で記録を積み重ねたまさにXスポーツを代表する選手です。

平野 歩夢選手もショーンホワイト選手と同じようにスノーボードとスケートボードの両競技で記録を残したいと思っているようで、現在スケートボードで2020年の東京オリンピックに出場を検討しているようです。

平野 歩夢選手は確実にこれからの日本のエクストリームスポーツを代表する選手です。これからも目が離せない選手の1人ですね!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事