1. スケートボードがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

スケートボードがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

スケートボードがオリンピック種目に!?その見所を徹底解説!

目次

2020年の東京オリンピックの正式競技として採用されたスケートボード。若者を中心として人気の競技です。これまでストリートカルチャーとして親しまれてきた、スケートボードですが、オリンピック種目に採用されたことで、新たな転換期を迎えています。

今回はオリンピックで行われるスケートボード種目の見所と、注目の若手日本人選手を解説いたします!

スポーツとしてのスケートボード

スケートボードは元々ストリートカルチャーから生まれた文化です。スポーツとしてではなく、移動手段、音楽、ファッション、自己表現と密接に結び付いています。スケートボードの始まりは、1960年代にアメリカのサーファーたちが陸での練習に、水を抜いたプールや公園でスケートボードを滑り始めたのがキッカケで広まりました。

1970年代になると日本でも徐々に浸透して、常に新しいものを追い求める原宿で爆発的に広まり、歩行者天国はスケートボードに乗った若者で溢れたといいます。この時はスポーツとしてではなく、ファッションや若者文化として広まっていました。

スケ―トボードが競技として認識されたのは、1994年に誕生したExtreme Games(エクストリームゲームス)からといわれています。現在は名前を変えてX Gamesとしてエクストリームスポーツ最大の大会となりました。

X Gamesからスケートボードの採点競技は始まり、今では世界中で大会が開かれています。しかしスケートボードはスポーツとして広まったというよりも、個人の表現として広まりました。個人で練習して大会に挑み、より難度の高いトリックを披露してみんなで褒め称えあう。競技として高みを目指すというよりも、自分を表現、自分の限界にチャレンジする側面が強くあるので、世界選手権の開催実績も無く、国際的な統一ルールも存在しません。

一部のスケートボードの世界トップクラスの選手たちは、スケートボードの競技化に疑問を覚えています。スケボーは自由な文化、点数を追い求めるだけがスケートボードじゃないとの声もあります。

世界中のスポーツがオリンピックの種目に採用されることを望んで、オリンピックで金メダルをとるのが目標にする選手が多い中、スケートボードのこの考え方は、ストリートカルチャーから生まれた文化だからこそと言えます。

スケートボードがオリンピックの正式種目として採用されるのは良いこともたくさんあります。若い人達にスケートボードを知ってもらうキッカケになるので、スケートボードの競技人口が世界中で増加すると言われています。

オリンピックは若者を取り込むことに力を入れています。スケートボードを正式競技とすれば今までとは違った若い層を取り込めると考えられています。事実日本のスケートボードのメダル候補の有力選手たちは2020年のオリンピック開催時でも19~22歳と若いのが特徴です。

>>スケートボードオリンピック正式競技「パーク」「ストリート」

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>