1. スケートボード 子供が始める時に押さえておきたいポイントとは?!

スケートボード 子供が始める時に押さえておきたいポイントとは?!

スケートボード 子供が始める時に押さえておきたいポイントとは?!

目次

スケ―トボード(通称:スケボー)に乗っている人を見ると、カッコよくて自分もやってみたいという気持ちになりますよね。それは大人に限らず、子供も一緒です。

子供にもスケボーを体験させたい。もしくは、既にスケボーをやっているお父さんが、子供と一緒にスケボーを楽しみたい!と思った時、大人と同じ道具を使わせるわけには行きませんよね。子供も使えるサイズのスケボーもちゃんと存在します。

今回は6歳~10代前半の子供がスケボーを始める時に抑えておきたいポイントをご紹介します。最初に与えるスケボー、必要なプロテクター、練習環境と迷うポイントは沢山あるので参考にしてくださいね。

スケボーできる場所探し

最近は都心を中心に街中でスケボーを滑れる場所が少なくなりました。法律で「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること」は禁止と定められています。車や人、自転車などの交通が頻繁な道路上でのスケボーの滑走が禁止されているのです。

公園によってもスケボー禁止の看板が掲げられていますので、スケボーを気軽に楽しめる場所は限られているのが現状です。中には全面滑走禁止の公演もあるので注意が必要です。スケボーを存分に楽しむには、滑走が許可されている私有地・公園、もしくは、パークやレッスンに行きましょう。

初めて子供にスケボーを体験させるには、スクールや教室に通うのがおすすめです!体験レッスンを設けている所がほとんどなので、ぜひ参加してみて下さい。スケートパークと併設しているショップの場合は、レンタルでスクールに参加できるショップもあります。もしそういった場所が近くにあるのであれば、レンタルでスクールに参加してみて子供が興味を持つかどうか様子を見てみましょう。

スクールを開催しているショップが近くにあれば、ぜひ一度覗いてみましょう。ショップが開催しているので、スケボー本体もプロの意見を聞きながら選ぶことができます。

まずは、自宅の近くでスケボースクールが開かれていないかチェックしてみてはいかがでしょうか?公的機関が主催している教室もあれば、体験型の不定期なスクール、民間の企業や個人で開催されている有料のスケボースクールなどもあります。

どんなスポーツにも言えることですが、指導者、環境が整うと劇的に技術が伸びます。とくにスケボーは場所の確保が大変なので、習い事のように定期的にスクールで学ぶのが一番です。小さい頃から大人と混ざってスポーツのスクールに通うと、社会性も育つのが良いですね。

>>最初に子供に与えるスケボー

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>