1. スケボー 初心者がこれだけは始めに知っておきたいポイントまとめ

スケボー 初心者がこれだけは始めに知っておきたいポイントまとめ

スケボー 初心者がこれだけは始めに知っておきたいポイントまとめ

基本的な練習ステップ

初心者の人に向けて、スケートボードを用意したら始めに練習する基本動作をまとめました。基本動作は応用してトリックにも繋がってくるのでしっかりマスターしましょう。

技の種類と練習方法を解説はこちら

スケボー トリック(技)の種類と練習方法を解説!

プッシュ(PUSH)

プッシュはスケートボードに乗ったまま片足で地面を蹴って前に進む動作です。基本動作のプッシュを身につけた上で、他のトリックにつなげて行きましょう。

スケートボードにはノーズとテールがあり、ノーズは進行方向前方で、テールは後ろ側です。左右どちらの足をノーズ(前側)に置くかによってスタンス(位置)の呼び名が変わります。左足をノーズに置くとレギュラースタンス、右足をノーズに置くとグーフィースタンスと呼び名が変わります。

2つのスタンスに優劣はありません。どちらの足を前に置くのか分からなければ、両方試してバランスを取りやすいスタンスではじめてください。

プッシュのやり方

  1. テール側のを伸ばして足を前に出す。このとき重心はデッキ上のノーズ側の足に乗せてバランスを取る。
  2. 出した足で地面蹴るようにして、ボードと体を前に出す。
  3. スピードが出たら地面を蹴った足をデッキに乗せてバランスを取る。
  4. 減速したら[1]に戻り再度地面を蹴る。その繰り返し

プッシュのコツ

プッシュのコツは、前傾姿勢でデッキに乗ることです。重心落として蹴った足が伸びきるまで地面を蹴りましょう。細かく地面を蹴るよりも1回1回伸びるように蹴ると楽にスピードを出せます。

始めは片足でバランスを取るのが非常に難しいです。変に体に力が入ってしまうとバランスが崩れてしまうので、繰り返し練習して正しいフォームを身に付けましょう!

チックタック(TICK-TACK)

チックタックとはノーズを浮かせて左右に振ることにより、止まった状態から前進・加速するテクニックです。

プッシュまではすんなりとできても、チックタックはスケートボード特有のバランス感覚を使うので最初の壁となります。とはいっても、そこまで難しいテクニックではありませんので、一週間程度で身に付けることができるでしょう。

チックタックのやり方

  1. 両腕を広げ、上半身を左右にひねって反動をつける。
  2. つけた反動を利用してノーズを軽く上げて左右に振る。
  3. デッキが地面につくと同時に、進行方向に押し出す。
  4. [1][2][3]を繰り返す。

チックタックのコツ

チックタックのコツは、リズムよくボードのノーズを振って進行方向に押し出す力を強くイメージすることです。なかなか前に進まない場合は、プッシュで助走をつけてからチックタックにつなげると前に進む感覚が掴みやすいです。

スケボー チックタックのやり方とは?コツをまとめてご紹介!

パワースライド(POWERSLIDE)

スケートボードにはブレーキがついていません。減速する方法は、靴の裏で地面と摩擦を起こしてブレーキをかける方法とパワースライドの2種類です。

パワースライドは、走行中に板を横にしてウィール(タイヤ)を地面に摺らせて減速するテクニックです。進行方向にお腹を向けるやり方がフロントサイドパワースライド。背中を向けるやり方がバックサイドパワースライドと言います。

難易度としては、フロントサイドパワースライドの方が簡単で使う機会も多いです。パワースライドは他のトリックの起点となるので、バックサイドパワースライドもマスターしておくと良いですね!

フロントサイドパワースライドのやり方

  1. 走行中重心を軽く下げて、テールを一気に前に持ってきてスライドさせる。
  2. 両腕を広げてバランスを取り、パワースライドをキープして減速する。
  3. スピードが落ちてきたらノーズを進行方向へ戻す。

フロントサイドパワースライドのコツ

パワースライドはスピードを急に減速させるので、その反動でバランスを崩してしまいます。ボードを横にした時に、重心を背中側に移し、かかとに力を入れてバランスをとりましょう。

デッキを横に向けるスピードが遅いとただのターンになってしまいます。怖がらずに一気にボードを押し出しましょう。

スケボー パワーライドとは?やり方やコツなどを解説!

オーリー(OLLIE)

オーリー

オーリーはスケートボードに乗りながらジャンプする、最もポピュラーかつ奥深いトリックです。そして、このオーリーが脱初心者の壁で、上記で解説してきたトリックの数倍難しいとされています。オーリーはテコの原理でボードを空中に上げます。動作全てを足でこなすので、根気よく練習する必要があります。

オーリーのやり方

  1. テール側の足をテール先端に乗せて、ノーズ側の足はデッキの中央に置き腰を落とししゃがむ。
  2. テールを蹴ってデッキを浮かすと同時に、ノーズ側の足で擦り上げる。
  3. 空中で膝を曲げてデッキをキープ。
  4. 両足同時に着地。

オーリーのコツ

最初から全部を練習するのは難しいので、まずは手すりに捕まってボードを擦り上げる練習から始めてみましょう。板が上がるようになったら、低い障害物を用意して飛び越えるように練習してみてください。

オーリーができるようになれば、スケートボードは10倍楽しくなります!初心者はオーリーができなくて辞めてしまいがちですが、根気よく練習すれば誰でもできるようになるので、諦めずにがんばりましょう!

>>関連記事はこちら

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp