1. サーフィンに適した時間帯とは?時間帯とその理由を解説!

サーフィンに適した時間帯とは?時間帯とその理由を解説!

サーフィンに適した時間帯とは?時間帯とその理由を解説!

目次

「サーフィンと言ったら、朝の海が1番!」なんて会話を聞いたことはありませんか?なぜ、サーフィンは朝の海なのでしょうか。本当にサーフィンは朝が良いのか、サーフィンを存分に楽しむためのサーフィンに最適な時間について解説していきます。

サーフィンに適した時間とは?

「サーフィンは朝の海」と言うように、早朝の時間帯が最も良いとされています。この早朝とは、一般的に4時~7時の時間帯を指します。この早朝の時間帯が、サーフィンを楽しみやすいのです。

なぜ早朝の海が良い?

では、なぜサーフィンは早朝の海が適しているのでしょうか。早朝の海でサーフィンを楽しむメリットを見ていきます。

理由① サーファーが少ない

早朝の海には何と言っても、日中に比べてサーファーが少ないというメリットがあります。もちろんサーフポイントによっては、日の出に合わせてサーフィンに出掛けるサーファーがいるなど、すべてのポイントで言えるわけではありません。

それでも、サーフスポットに向かう道も混雑せず、海でもサーファーがまばらなので、存分にたくさん波に乗ることができます。

ちなみに・・・

朝早くから出発してサーフスポットへ向かうことで時間に余裕ができ、焦ったりストレスを感じることなく安全運転で行くことができます。そしてスムーズにサーフスポットに到着すれば、練習でもストレスなく快適に楽しむことができます。

理由② 風の影響を受けにくい

早朝は陸の温度が低いため海に向かって風が入りにくく、穏やかな風と穏やかな海面となり規則的なブレイクでサーフィンを楽しむことができます。この穏やかな海面は「面ツル」と呼ばれ、この状態を作り出す条件として、陸から海に向かって風が吹くこと、そしてこの風が微風であることが重要になります。

この条件を満たす確率が高いのが、朝の時間帯なのです!朝の穏やかな風が、サーフィンのための最適な波を作り出してくれるのです。

ちなみに・・・

日が昇り陸地の気温が高まると、オンショアと呼ばれる海から岸に向かって吹く風が起こります。このオンショアの風が吹き始めると、波がサイズダウンしたり海面が荒れて波質が悪くなるなど、サーフィンができない状態になってしまいます。

また「シーブリーズ」と言われる太陽が昇ってから発生する風は、予測不能な風で波を壊してしまいます。特に晴天の日に発生しやすいため、日が昇る前から準備を始めて早くから波の状態を確認することがポイントです。

理由③ 1日を有効に使うことができる

車中泊で早朝のサーフィンを楽しむ方もいますが、早朝の時間帯は渋滞も少なくスムーズに海に向かうことができます。そして、朝早くからサーフィンを始めることで、サーフィン後の日中の時間も長くなって、有意義に過ごすことができます。

もちろん、予定もなく良い波がある日であれば、体力を回復しながら1日サーフィンを楽しむということもできますね。

ちなみに・・・

朝の海がサーフィンに最も適していることから、多くのサーファーは日の出とともにサーフィンを始めることは当たり前のこととなっています。波があればサーフィンはできますが、どうしても朝の波と比べると日中や夕方の波は劣ってしまいます。

仕事が休みでお昼までだらだらしてしまうよりも、朝からサーフィンを楽しむのも気持ち良く、そして清々しく1日が始められます。休日でも朝方の生活となり健康的な生活はもちろん、「早起きは三文の徳」を実感できます。

理由④ エリア規制がない

特に夏季のサーフポイントでは、海水浴などの遊泳者も多く海は混雑状態となるため、時間でサーフィンエリアが規制されてしまう場所がほとんどです。しかし大抵のサーフポイントは、その時間外であれば規制が解除されエリア関係なくサーフィンが可能になり、時間外の朝でしか楽しめないポイントもあります。

中には何も規制のないポイントもあります。その場合には、遊泳者との接触など事故やトラブルが起きないよう、十分に注意することが大切です。

サーフィンは時間を気にする必要がある?

良い波がコンスタントに続けば、1日中時間を気にせずにサーフィンを楽しむことができます。しかし、時間によって波にも変化は起きます。特に初心者の方は、時間によって波が変わることを覚えておくと良いです。

なぜ時間によって波が変わるのか見ていきます。

① 潮位

時間の経過とともに、潮の満ち引き「潮位」も変化します。同じサーフポイントでも満潮時と干潮時で波の割れ方が異なり、テイクオフのタイミングやライディングの仕方が変わってきます。好みの波や、自分のスタイルのサーフィンを楽しむことができる状態や時間帯を見極めて潮位の確認もしっかり行います。

満潮時

波が厚く、初心者の方でもライディングしやすい波に期待することができます。しかし、あまり厚すぎてしまうとパワーがないため、テイクオフができなかったり波が消えやすくなってしまうため注意が必要です。

干潮時

波に斜面ができやすいためライディングしやすい状態になります。しかし、波が掘れやすいためテイクオフのタイミングが計りにくくなり、比較的難しい時間帯になってしまいます。

② 風

どうしてもサーフィンには風が付き物です。気温の上昇によって風は強くなります。風が強くなることで、波がサイズダウンしやすく海面も荒れてしまいます。こういった海でのサーフィンが難しいという方は、風が弱い時間帯にサーフィンを楽しむことがおすすめです。

この風が弱い時間帯というのが朝、そして夕方とされています。そのため、夕方を狙って海に出掛けるサーファーも多いのですが、朝の方が風の影響は受けにくいため、夕方よりも朝がおすすめです。

◎気にするのは時間だけではありません!

台風や低気圧による天候の影響も海には現れます。台風や低気圧が接近してくると、うねりが大きくなるのです。そのため海に入るタイミングがずれてしまうと、波がサイズアップしてしまいクローズアウトすることがあります。さらに海に入っている最中に波がサイズアップすることもあります。

時間だけでなく、その日の天候などによって変化する海や波の状態もしっかりと確認し見極める力が必要になります。事故やトラブルで、周りのサーファーに迷惑をかけないよう、十分に確認し注意するようにします。

慣れていない方は情報サイトを利用して、天候や波のチェックすることがおすすめです。

次へ >> 朝のサーフィンで注意すること

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事