1. サーフィン 風の影響とは?オンショアやオフショアなど解説!

サーフィン 風の影響とは?オンショアやオフショアなど解説!

サーフィン 風の影響とは?オンショアやオフショアなど解説!

目次

サーフィンは自然に大きく左右されるスポーツです。サーファーは常に海に入る前に波を見て、いい波がきているかどうか見極めて、波の情報を得て、どう今日の波に乗って行くのか、こんな波が来たらどうやって滑ろうか。そういったことを全てイメージしてから入水します。

サーフィンをする上で最重要ポイントでもある波なのですが、波はその日の風の状態によって大きく左右されるものです。では波は一体風からどんな影響を受けているのでしょうか。また、風の種類によってどう変化しているのでしょうか。今回は風が波に及ぼす影響やその風の種類などをご紹介します。

そもそもなぜ波は起こっているのか?

サーフィンとは切っても切れない関係の波ですが、そもそもまずなぜ波は起こるのか知っていますか?実は、波が起きる原因としては「風」、「海水の動き」の二つが主に原因なのです。

まず風についてですが、地球上には赤道付近に吹いている「貿易風」、南半球、北半球にそれぞれ吹いている「偏西風」があります。これらの風は日々吹いていて、海水が強く吹き付けられることで、波が発生しています。

二つ目に、海水の動きについてです。これは地球の自転・公転と他の惑星との引力によって発生しています。サーフィンの話なのにスケールの大きい話になって来てしまいましたね。物は二つ以上あると必ず万有引力と呼ばれる引力がお互いに発生します。潮の満ち引きが月によって引き起こされているのを知っているでしょうか。地球と月のようにサイズの大きいものになってくるとこの引力も大きなものになるため、地球上の海水が月の引力で引き付けられます。月が近づいているときは満潮、月が遠いときは干潮になります。

地球は自転しているので、この干潮と満潮が起こるポイントが日々変化するため、海水にうねりができます。これが「海水の動き」の原因なのです。少し規模の大きな話になりましたが、この二つ要素が合わさって、私たちがいつも見ている波が形成されているのです。

サーファーにとってのいい波の条件って?

波がいかにして発生しているかわかったところで、今度はサーフィンに話を戻してサーファーにとってのいい波の条件について説明していきます。

サーフィンをやったことのある人であればわかるかと思いますが、波には「いい波」、「悪い波」があります。これはサーファーにとって乗りやすい波かそうでない波かを指しているのですが、よく「今日はオフショアだからいい波だね!」、「今日は風が入って来ちゃってるからダメだねー」といっているのを聞いたことはありませんか?いい波の条件としてはうねりのサイズ、地形、周期など様々な要因がありますが、極端な話、オフショアだけで意識して波を選んでも比較的にいい波を当てることができたりするんです。以下いい波の条件をいくつかあげてみました。

  • 陸から海に向かって風が吹いている(これがいわゆるオフショアです。後述します。)
  • 小さめのサイズであれば0〜2m/s、大きめなときは〜4m/sくらいまでの風
  • 海岸に対して斜めに波が割れる
  • 波のうねりが遠くからやってくる

こういった条件が挙げられます。サーファーが「いい波」と表現する波は大抵の場合、上記の条件を満たしています。しかし、多くの場合こう完璧にいい波というのは来ないもの。いい波以外の波の日だってもちろんあります。では逆に悪い波とは何でしょうか。波は多くは風によって左右されていることは前述しましたね。実は風にはさまざまな種類があって、それぞれ波に及ぼす影響にも特徴があるんです。

風の種類と影響は?

風はそれぞれいろんな種類に分類されています。サーファーに嫌われる風もありますし、好かれる波もあります。でも何となく「オフショア」、「風が入ってくる」などとサーフィン上級者の人から聞いたことはあっても、いまいち理解できていない方も多いのではないでしょうか。そこで、ここからは風にはどんな種類があるのか、またその影響についてご紹介していきます。

オフショア

前述したように、サーファーはこのオフショアの風が吹いているケースが大好きです。

オフショアとは簡単にいうと「陸から海に向かって吹く風」のことを指します。なぜこの波が好まれるかというと、オフショアは沖から来るザワザワした、整っていない波を風によって整えてくれる効果があることに加えて、波のブレイク(波が崩れること)を抑えてくれるので、崩れにくいかつ、乗りやすい波にしてくれるからです。オフショアが吹いていない場合だと波はそのままザワザワした状態のまま向かって来るので、非常にテイクオフの時にバランスを崩し易くなります。そのためサーファーはいつも天気予報や波情報をチェックしてこのオフショアがくるタイミングを狙うのです。ただ強すぎるオフショアは逆に波のブレイクを早めてしまうので、緩いオフショアが一番いい状態であると言えます。

オンショア

こちらはオフショアとは逆に「沖の方から海岸に向かって吹く風」のことを指しています。これはサーファーが嫌う風で、オフショアとは全く逆の影響を波に及ぼします。まず沖で形成されたザワザワした波をさらにザワザワさせてしまいますし、波のブレイクも早くなってしまうので、長く波に乗ることができないのに加えて、テイクオフも非常にしづらいです。また海面がザラついているので、ライディングしていても海面にボードが引っかかって、いいライディングはできません。この風が吹くとゲット(サーファーが岸から沖に出ること)自体も難しくなるので、あまり乗るのは楽しくないでしょう。

次へ >> サイドショア

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事