1. スノーボード パークとは?アイテムの種類やおすすめのパーク・板などご紹介!

スノーボード パークとは?アイテムの種類やおすすめのパーク・板などご紹介!

スノーボード パークとは?アイテムの種類やおすすめのパーク・板などご紹介!

目次

パークとは

パークは人工的に造った遊び場

スノーボードの世界でパークとはいろいろなアイテムが置いてある場所のことを指します。スノーパークとも呼ばれ、現在はほとんどのスキー場でそういう場所を提供しています。パークはスキー場の中でも斜度が比較的穏やかで広めのコース上に造られ、その中にあるアイテムでスキー・スノーボーダーが遊ぶ場所になっています。基本的にアイテムに入るためにある程度のアプローチを要し、必要アプローチを残しその前でアイテムに挑戦する人が並ぶようになっています。また、初心者が気付かずにスノーパークに迷ってしまったり、アプローチの途中に横から割込みがあったりすると非常に危険なため、柵や自然の地形などを利用してパーク全体を囲っているスキー場がほとんどです。

パークのアイテムとは

アイテムとは

パーク内のアイテムとは人工的に造られた地形、および埋設物のことを言います。スノーボードを付けたまま遊ぶ地形やモノと言ったほうがいいでしょうか。アイテムは品物という意味がありますが、パークでは雪を盛った地形も便宜上アイテムという名前で統一されています。人によっては【アトラクション】と表現する人も居ます。

アイテムは様々な種類がある

パークのアイテムと一言で言っても様々な種類があります。雪で造るジャンプ台《キッカー》や波のような地形《ウェーブ》、雪で半円状に形に造った《ハーフパイプ》、ハーフパイプをさらに半分にした《クォーターパイプ》など地形だけで少なくてもこれだけのアイテムがあります。またジブ系と呼ばれるアイテムには雪上に埋設する手すり状の細い《レール》やレールと違い面が広い《ボックス》、同じく埋設した《ドラム缶》など多種多様です。さらに数々のアイテムを並べたコースを滑る《スロープスタイル》と呼ばれる遊びも近年は増えてきています。

アイテムごとに難易度が変わる

アイテムにはそれぞれ難易度があります。キッカーで言えば大きさで難易度が変わりますしレールで言えば斜度やキンクの数などです。スキー場側でもアイテムの難易度を設定し、難易度ごとにアイテムを並べることでレベル違いのアイテムに挑戦し事故や怪我などが起きないよう工夫しています。また、アイテムの前に星の数で難易度を表示している親切なスキー場もあります。

パークアイテムの種類

無数にあるアイテムの種類

アイテムは上に書いた代表的なもの以外にも様々なものがあります。また、スキー場ごとに独特なアイテムを作っているところもあり、まさに無数です。ここでは代表的なアイテムの中にある代表的なものを中心に挙げていきます。

キッカー系

キッカーとは基本的には雪で人工的に造ったジャンプ台のことを指します。キッカーは種類が本当に多いですが今回は僕が経験したことがあるキッカー系の種類を挙げていきます。また便宜上スパインとヒップに関してもここで言及していきます。

キッカーの大きさ

キッカーの大きさは 【リップからランディングの始まりまでの距離】 で言います。「あのキッカーのサイズは○m」という話を聞いたらそれだけ飛ぶ距離があるということです。

キッカーの2種類のタイプ

キッカーにはさらに打ち上げ系(ぶっ飛び系)と横っ飛び系の2つのタイプがあります。打ち上げ系は高さを出すキッカーでフラット(アプローチ中の平らな部分)からリップ(キッカーの飛び出し部分)にかけて斜度がきつくなっています。横っ飛び系は距離を出すキッカーでフラットからリップにかけての斜度が緩やかになってます。両方ともメリット・デメリットがあり、打ち上げ系は高さを出す分キッカー自体は小さくでき、使う雪は少なくできます。デメリットは高く飛ぶ分落ちたときの衝撃は強く、へたな転び方をすると怪我をする可能性が高くなります。横っ飛び系のメリット・デメリットは打ち上げ系の逆でキッカーが大きくなり雪を多く使いますが高さが出ないので怪我をする可能性は打ち上げ系に比べ低くなります。なお、ここで使った《打ち上げ系》《ぶっ飛び系》《横っ飛び系》は僕がスキー場で働いていたとき使っていた言葉です。ほかのスキー場では使われていない可能性がありますので注意してください。

・キッカー

代表的な形のジャンプ台と着地(ランディング)が分かれているものを言います。今はテーブルトップやキャニオンなどもキッカーの呼び名で統一していることが多いです。

・テープルトップ

ジャンプ台とランディングに間が繋がっているアイテムのことを言います。高さが出ないように設計されているのがほとんどで、初心者用のアイテムとして設置してあることが多いです。

・キャニオン

テーブルトップとは逆に、ジャンプ台とランディングの間の雪を無くしたアイテムのことを言います。上級者向けのアイテムとして設置されています。設置し始める時期は春先など雪が少なくなってきた頃からです。また巨大なキッカーを作るときは雪が足らなくなり、キッカーとランディングの間の雪を削って自然とキャニオンになってしまう場合もあります。

・スパイン

ジャンプ台から飛び出したあとランディングが前方のみじゃなく左右どちらかにも降りられる作りになっているアイテムのことを言います。ここでは打ち上げ系のキッカーの1つとして出しています。

・ヒップ

ジャンプ台から飛び出したあと、左か右のどちらかしかランディングが無いアイテムのことを言います。こちらもスパインと同様に打ち上げ系のキッカーの1つとして出しています。また、スパインとヒップは形が似ているので両方の呼び名で表示しているスキー場もあります。なのでスキー場の呼び名で呼んであげてください。

スノーボード キッカーとは?名称やコツなど、おすすめの板もご紹介!
次へ >> ジブ系

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事