1. サーフィン リッピングとは?コツや練習方法をご紹介!

サーフィン リッピングとは?コツや練習方法をご紹介!

サーフィン リッピングとは?コツや練習方法をご紹介!

目次

サーフィンのリッピングは、迫力があって見た目がカッコいいので習得できたらとても気持ち良い技の一つです。ターンができればリッピングに挑戦したくなるに違いありません。

見た目に迫力があるだけにリッピングの習得は少し難しくなりますが、この技ができれば自身が付いてさらにサーフィンが楽しくなるはずです。

今回はそんなリッピングの練習方法とコツをご紹介します。

リッピングとは

波はうねりが強い部分から急に浅い部分に入ると波の上部が崩れていきます。この部分を「リップ」と言い、このリップ付近でサーフボードの角度を変えてターンをすることを、「リップターン」と言います。「Rip」は英語でかっぱらうや切り取るという意味があります。

波の上部が崩れていく姿はまさにその名の通りに見えます。

リッピング(オフザリップ)をした際は、水しぶきが上がって水の打ち付ける激しい音を発っするので迫力は満点です。

リッピングができれば技が増える

リッピングにも様々なやり方があり、一つマスターできれば次の技へとバリエーションを増やしていくことができます。

オフザリップ

リッピングの代表といえばオフザリップです。オフザリップはスピードがあるのに加えて水しぶきが上がるので、見た目がカッコよく操作性が重要なので、これからの上達に大変貢献できるアクションになっています。

オフザリップの中でも「フロントサイド オフザリップ」と「バックサイド オフザリップ」があり、それぞれのやり方には違ったコツがあります。

両サイドともマスターすればいろんなコンディションに対応できるようになるのでどんどん挑戦していきましょう。

フローター

フローターはリップの上に乗り繋いでいくようなアクションです。何度も練習して感覚がつけばスピードをコントロールしたりボードの操作ができたりしますが、コツがつかめないと脚に力が入って結構難しく感じるかもしれません。

しかし、コツと感覚さえ掴めば意外にも簡単にできる技でもあります。

カットバック

波の上で加速し過ぎてしまった時つまり波が厚くなってしまった時に、Uターンして波のピークに戻るアクションをカットバックと言います。

リッピングを活用しますが、難易度が高くなかなか直ぐには習得できないかもしれません。しかし、逆を言うとカットバックができればもう上級者と言ってもおかしくありません。

波のピークより進行しすぎたと思ったら一度ボトム側に転回しリップ付近で勢いよくターンをしてそのまま波に乗り繋いでいきます。

他にも沢山の技がリッピングによって習得できますが、間違ったやり方のままどんどん先に進んでいくとクセがついてしまうので、焦らず弱点を見直して特訓していきましょう。

サーフィン カットバックとは?タイミングやコツを解説!

リッピングのコツ

リッピングをしようとしてもなかなかうまくできない人は以下のポイントと自分のやり方を照らし合わせてみましょう。

1.ボトムターンで充分に加速する

リッピングをするのにまずはボトムターンを習得しておくことが大切です。そして、ボトムターンで充分に加速させることが基本になります。

深くボトムターンを行うことでスピードが出てうまくリップに当て込むことができます。

2.波の縦ラインを見極める

ここだ!というセクションがあるけれども、いざアプローチすると上手くいかない場合はボトムに目線を向けましょう。

ボトムに縦に上がっていく線が見えたらそこがアプローチする場所です。リップが見えたからといって勢いよく上がっていってもワイプアウトをしてしまいます。

3.腕を大きく広げる

リップでうまくターンができない原因は自らの態勢にあります。肩を広げて腕を大きく使えば体重の移動が上手くいき、素早くボトムへと切り替えができます。脚の力だけでボードをターンさせるのではなく上半身を大いに使いましょう。

4.目線を先に移動させる

人の体は目線の方向に進むようになっています。スノーボードなどの他のスポーツや車を運転する時でも、目線が行きたい方向と合わないと進行方向がずれてしまいますよね。

リッピングでは、トップからターンをしてボトムに下がる時は体よりも目線を先にボトムの方に向けます。そうすると自然と肩が動いていくはずです。

リッピングの練習方法

リッピングの練習方法として、スケートボードを使って陸トレーニングをする方法があります。

海に入れない日にはスケートボードを使って体の動きやスタンスを入念に研究するのがいい手です。海の中では何度かしかできなくても、陸の上なら何回でもチャレンジできるのでビデオに録るなどをして欠点を見つけましょう。

スケボーでサーフィンが上達する?!陸トレの方法とは?

リップの返り際を見極める

リッピングでトップまでいかない場合は、まずトップで波がボードを返してくれるポイントを体に覚えさせてみましょう。トップでターンが決まらないのは、ボトムターンで上がったらフィニッシュ前にターンをしようとしている可能性があるからです。

リップがボードを運んでくれるような感覚が身につけば、高くて迫力のあるリッピングができるようになるでしょう。

まとめ

リッピングにはスピードとターンをするポイントの見極めやボードの素早いコントロールが必要です。どうしてもうまくできないとういう人は、まずもっと基本的なテクニックと重心移動やスタンスを見直してみましょう。

基礎がしっかりしていればきっと直ぐにリッピングが上達できるはずです。

関連記事はこちら

サーフィン チューブ(バレル)とは?チューブライディングのコツを解説!
サーフィン カットバックとは?タイミングやコツを解説!

おすすめ記事