1. サーフィン 道具は何が必要?初心者必見、始める前に知っておきたい便利道具ご紹介!

サーフィン 道具は何が必要?初心者必見、始める前に知っておきたい便利道具ご紹介!

サーフィン 道具は何が必要?初心者必見、始める前に知っておきたい便利道具ご紹介!

目次

サーフィンは1度やってみたい!と思っても、初心者は何が必要な道具なのか分かりませんよね。

必要な道具を知らないと、サーフィンに対するハードルを高く感じてしまいます。確かに一番初めは道具を揃えるのが大変かもしれませんが、一度準備すれば長く使えるものばかりです。

今回はサーフィン初心者の人に向けて、サーフィンで必ず必要な道具・あったら便利な道具をご紹介します。

サーフィンに必要な道具

車は必ず必要な道具とは言い切れませんが、住んでいる家の目の前がサーフポイント以外の人は移動手段として必須です。サーフボードを含めた大量の道具を持って移動するので、車が無いとサーフポイントに辿り着けません。

電車や高速バスを使った移動方法もありますし、手ぶらで海に行き用具をレンタルする方法もありますが、季節や天候で海のコンディションが変わるので、いい波を求めてポイントを変えることもあります。

年に2~3回程度ならレンタルでも良いかも知れませんが、1年中常にサーフィンを楽しみたい人は車必須です。サーフィンで最もお金が掛かるのがガソリン代と高速料金とまで言われる程です。

サーフィンに適した車はサーフボードが車内に積めなような大型の車が最も適しています。ガソリン代節約のために燃費が良い車だと尚良いですね!車内にサーフボードを積めない場合は、サーフキャリアと呼ばれるアタッチメントで車の上にサーフボードを固定します。

サーフィン 車は何が良い?!おすすめの車種とその特徴をご紹介!

サーフボード

サーフィンはサーフボードが無いと始まりませんね!初心者は厚みのある浮力の高いボードが最適です。自分の体重よりも浮力の多きいボードは安定感があるので波の影響でバランスを崩してもボードがカバーしてくれます。初心者はテイクオフ(波に乗りながら立ち上がる)の感覚を身に付けるのが最初に取り組むことです。。浮力の大きいボードはテイクオフの感覚を掴みやすいので、初心者でもサーフィンの魅力を感じやすいのです。テイクオフに慣れてくると挑戦してみたい技や、より自分の体格に合わせたボードが欲しくなると思います。それまでは厚みのある浮力の高いボードでサーフィンを楽しみましょう!

サーフボードの選び方とは?初心者におすすめのブランドをご紹介!

フィン

フィンとはサーフボードに付属する「ヒレ」のようなパーツで舵の役割をこなします。フィンにもサーフボードと同様にたくさんの種類があり、サーファーは自分の好みによって使い分けます。フィンの枚数は1枚から4枚までありますが、初心者は最もベーシックな3枚フィンが良いです。

サーフボードによってフィンの取り付け方が異なるので、自分のボードに対応してるフィンを選ぶようにしましょう。波の乗り味に大きく関わるのはサーフボードですが、フィンはより自分に合うように最終調整してくれるパーツです。

サーフィン フィンの選び方とは?フィンの種類と特徴をご紹介!

リーシュコード

リーシュコードはサーフボードと自分の体を繋げるコードです。テイクオフでバランスを崩したり、波に飲み込まれて海中に落ちた時にサーフボードと自分の体が離れないようにする役割があります。

リーシュコードは乗り味には関わってきませんが、思わぬ事故を防ぐためにも必ず必要です。サーフボードと自分を繋げるアイテムなので、ライフジャケットの変わりと言っても過言ではありません。

リーシュコードは塩分、直射日光、摩擦で劣化します。海でサーフィンをしている時、思わぬタイミングで切れないように必ず毎回確認しましょう。波が高い時に足のつかない海中に放り出されてしまうと危ない状況になります。リーシュコードの交換タイミングは、約1年が目安です。目で劣化が見れなくても安全のため1年ごとに買い替えましょう。

サーフワックス

サーフワックスは足を滑らなくするためにサーフボードの表面にぬるものです。スノーボードのように滑りを良くするためのではなく、ボードのグリップ力を上げるために使います。

季節、水温によって最適な硬さのワックスが販売されています。メーカ―や商品によってワックスの適温が表記されているので、それを目安に選びましょう。

サーフィンワックスの種類とは?おすすめのワックスとその特徴をご紹介! 

ウェットスーツ

サーフィンといえば半ズボンの水着1つでやっているイメージがありますが、実はほとんどのシーズンでウェットスーツを着用しています。ウェットスーツには、体温の維持、日焼け・ケガ防止、の役割でサーファー達をサポートしてくれます。

シーズンに応じて種類を展開しており、真夏は生地の薄い半そでタイプ、寒くなってきたら厚手で全身をカバーしてくれるようなタイプと分かれています。

人が少なくて比較的高い波が出やすい早朝の時間帯では、夏場でも体感では寒く感じます。体温が低下すると体力の消耗も激しく、自分のパフォーマンスを引き出せないのでほとんどのサーファーはウェットスーツを着用します。

サーフィン ウェットスーツの選び方とは?!おすすめブランドご紹介!

サーフィンにあったら便利な道具

「サーフボード、フィン、リーシュコード、ウェットスーツ」この4点がサーフィンに必要不可欠の道具です。

ここからは無くてもサーフィンはできるけど、あるとより便利で快適にサーフィンが楽しめる道具を解説します。

デッキパッド

デッキパッドはシールのようにサーフボードに貼り付けてグリップ力を高めるアイテムです。サーフワックスよりもグリップ性が高く、使うワックスの量も節約できるのであると便利です。

ただし、デッキパッドに頼りっぱなしだと変なクセのついたフォームになる場合があるので、基本が身に付いている上級者がよりボードコントロール求めて使うのが理想的です。

次へ >> サーフボードケース

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事