1. スケートボード レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

スケートボード レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

スケートボード レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

セクション・障害物の種類

カーブボックス

カーブボックス

スケートパークに設置されている箱型のセクションのことです。このセクションではトラックやデッキで滑らせる「カーブトリック」の練習をすることができます。

大きさや長さが異なり、斜めになっていたり曲がった形状のもなど様々な形があります。

ハバレッジ

日本では、階段の脇にある縁石のことや、スケートパークのステアやバンクの脇に設置されたカーブボックスのことを指します。レッジには階段に沿って傾斜のついたものや、真っ直ぐなものなど形は様々です。

街中で行うには危険でけがをしやすいため、慣れてきてから挑戦することがすすめです。

フラットレール

スケートパークでも街中でも、平らな場所に設置されたレールのことを指します。丸パイプで作られたものや角パイプで作られたもの、高さやパイプのつなぎ目、曲がっているものなど形状も多くあります。カーブトリックはもちろん、フィーブルグラインドなどこちらの方がやりやすいトリックもあります。

ハンドレール

スケートパークや街中のステアやスローブに設置されているレールで、手すりのことです。スケートボードのセクションの中で、最も危険で難易度が高いとされています。街中のハンドレールを使用する前には、しっかりとスケートパークで練習し力をつけてから街中に出て挑戦するのが安全です。

>>カーブ/レールトリックの種類

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>