1. スケボー レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

スケボー レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

スケボー レール・カーブとは?その特徴とトリックのポイントをご紹介!

目次

スケートボードを始めると、どんどんステップアップして多くのトリックを習得して、かっこよく乗りこなしたいもの。オーリーである程度のジャンプ力がつき、様々な場所、様々な形の障害物やセクションを超えられるようになったら、次のトリックの練習に入ります。それがスケートボードをスライドやグラインドさせるトリック、「カーブ/レールトリック」なのです。このカーブ/レールトリックについて解説していきます。

カーブ/レールトリックとは?

スケートパークにあるボックス型のセクションのカーブボックスやレール、また街中の縁石や手すりなどで、スケートボードを滑らせたり回転させるトリックの総称を指します。

カーブ/レールトリックができるようになると・・・

スケートパークには、様々な高さや形をしたボックスやレールなどのセクションが設置されています。このセクションをオーリーで飛び越えるのも楽しいですが、カーブ/レールトリックを使うことでより楽しみ方が増えるのです。

また、街中で遊ぶ時にもカーブ/レールトリックができると楽しみ方を増やすことができます。

セクション・障害物の種類

カーブボックス

カーブボックス

スケートパークに設置されている、両端にコーピングを取り付けた箱型のセクションのことです。このセクションでは、コーピングを取り付けた部分と体を並行にして滑る「カーブトリック」の練習をすることができます。

大きさや長さが異なり、斜めになっていたり曲がった形状のもなど様々な形があります。

レッジ

日本では、階段の脇にある縁石のことや、スケートパークのステアやバンクの脇に設置されたカーブボックスのことを指します。レッジには階段に沿って傾斜のついたものや、真っ直ぐなものなど形は様々です。

街中で行うには危険でけがをしやすいため、慣れてきてから挑戦することがすすめです。

フラットレール

スケートパークでも街中でも、平らな場所に設置されたレールのことを指します。丸パイプで作られたものや角パイプで作られたもの、高さやパイプのつなぎ目、曲がっているものなど形状も多くあります。カーブトリックはもちろん、フィーブルグラインドやブラントスライドの練習にも最適とされています。

ハンドレール

スケートパークや街中のステアやスローブに設置されているレールで、手すりのことです。スケートボードのセクションの中で、最も危険で難易度が高いとされています。街中のハンドレールを使用する前には、しっかりとスケートパークで練習し力をつけてから街中に出て挑戦するのが安全です。

カーブ/レールトリックの種類

カーブ/レールトリックは、大きくスライドとグラインドの2種類のトリックに分けることができます。

また、コーピング部分がお腹側にあるフロントサイドと背中側にあるバックサイドのどちらかを組み合わせて行い、やり方はもちろん難易度も変わってきます。

そのためカーブ/レールトリックの名称は、【フロントサイド/バックサイド+〇〇+スライド/グラインド】と表されます。

スライド

デッキでカーブや縁石、レールを滑るトリックのことです。

ノーズ スライド

カーブやレールにノーズを掛けてスライドします。

ノーズスライドは、重心がノーズになければなりません。あらかじめ、スタンスを広めに取って少し足を少し滑らせてノーズまで前足が行くようにできると、重心の移動がしやすくなります。

テール スライド

ノーズスライドと反対にテールを掛けてスライドします。

オーリーの際に、しっかりと90°回ってアプローチする部分に掛けないと、ボードが外れてしまう原因になってしまいます。そして、前のめりではなく後方を意識して滑るようにするとバランスが取れやすくなります。

ボード スライド

デッキの真ん中を使ってスライドする基本のスライドトリックで、レールに初めて挑戦する場合はこのボードスライドから練習します。

オーリーでデッキを乗せることは大事なのですが、その後体がデッキについていかないことで、失敗することが多くあります。体がデッキと一緒に滑るイメージでスライドすることがポイントです。

リップ/ディザスター スライド

デッキの真ん中を使ってスライドします。テールでコーピングを跨いでスライドするため、テール部分がレールより高い位置にないとエントリーできず、難易度の高いトリックになります。

スライドを安定させるために重心が前後に傾き過ぎないように意識して、体勢を安定させると、アウトもスムーズに行うことができます。

ブラント スライド

ウィールを使ってスライドします。後方のウィールを使うブラントスライドと、前方のウィールを使うノーズブラントスライドがあります。

難しいトリックとして知られていますが、どちらもイメージとしては、ボードを縦にしてウィールをカーブに当てることを意識して滑ることがコツです。

ダーク スライド

デッキを半回転させて、デッキテープ部分でスライドします。

しかし、デッキテープやデッキ部分が傷つき傷む原因にもなるため、ほとんどやるシーンのないトリックでもあります。

次へ >> グラインド

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事