1. スケボーでサーフィンが上達する?!陸トレの方法とは?

スケボーでサーフィンが上達する?!陸トレの方法とは?

スケボーでサーフィンが上達する?!陸トレの方法とは?

目次

揺れ動く波の上を滑るサーフィンと、硬い地面の上を滑るスケートボード。これら2つのスポーツは、環境は違えど基本的な動きは同じなので、サーフィンが行えない時期や波が無い日には、感覚を養えるスケボーを使った自主トレーニングはかなりおススメのトレーニング方法です。

でも、スケボーには手を出したことが無いサーファーや、スケボーでどのようにトレーニングすれば良いか分からないサーファーの方もいらっしゃるかと思います。そんな方の為にも、スケボーでできるサーフィンのトレーニング方法をご紹介します。

スケボー 初心者がこれだけは始めに知っておきたいポイントまとめ

スケボーの選び方

サーフスケート
carver カーバー サーフスケート 35.5 Riddler リドラー [CX4トラック] コンプリートスケートボード SURF SKATE (35.5_Riddler, CX4)
amazonで詳細を見る

まず、スケボーと言ってもいくつかタイプがあり、それぞれ違った特徴を持っているので、サーフィンのトレーニングにはどのスケボーが最適かを知っておきましょう。

スケボーにはサーフィン用のタイプがあり、普通のスケボーよりも前輪を支えている部分の可動範囲が大きく、サーフィンをしている感覚に近いのが特徴です。

サーフィン用のスケボーは、デッキやウィールを好きなようにカスタマイズでき、自分に合ったボードが作れます。ですが、はじめは既に完成されているものを選んでスケボーの感覚を身に着ける方が良いかもしれません。

また、サーフィンのトレーニングとしてスケボーを使うなら、 ロングスケートボード を使うのもアリです。

ロングスケートボードは通称「ロンスケ」と呼ばれていて、他のスケボーに比べるとデッキ部分が長く広いので安定しているのが特徴です。ロンスケはデッキ部分が長い分スピードが出やすいので、早いスピードでのターンの練習に向いています。

まるでサーフィンをしているかのような感覚を味わえるので、ロンスケはサーファーに人気のタイプです。

ロンスケ(ロングスケートボード)とは?遊び方や選び方を徹底解説!

スケボーでのトレーニング方法

スケボーでのサーフィントレーニングは、海に入らない日の基礎的な体力維持にも活用できます。スケボーのテクニックを習得すれば、サーフィンのテクニックの上達にも活かせるので実践してみましょう。

まずはブレーキ練習から

スケボーでサーフィンのトレーニングをするにあたって、まずはとっても重要なブレーキ練習から始めましょう。

特にスケボー初心者なら、正しいブレーキ方法を抑えておかないと骨折などの大きな怪我に繋がりかねません。

  1. 重心がデッキの中心にある状態を保ち、後ろ足を地面に下ろしてブレーキをかけ減速させます。
  2. 減速したら後ろ足に更に力を加えて完全にブレーキをかけます。
  3. 完全に止まったら後ろ足に体重をかけて前足を下ろします。

これが基本的で最も安全なブレーキのかけ方です。

スピードが出て怖くなったのでデッキから飛び降りるなんてことをすると、サーフィンの波の上と違って硬い地面の上ではとても危険です。スケボーに慣れるまでは、正しいブレーキ方法で止まるようにしましょう。

スピードを上げる練習

サーフィンで思うようにスピードが出なくて技がかけにくい場合は、姿勢に問題がある可能性があります。今一度、スピードが出やすい姿勢を確認するためにもスケボーでイメージトレーニングをしてみましょう。練習風景を動画や、写真に撮ってもらうと自分の改善ポイントが分かります。

スピードが出ないのは、もしかしたら波に対して上半身が平行になっているからかもしれません。平行になっている上半身を進行方向に真っすぐ向けてあげると軸となっている足の膝が折れやすくなります。軸足が折れると波の揺れがとらえやすくなってスピードが上がります。また、視界が広がるので技をかけるタイミングが掴みやすくなります。

サーフィンでは、ボードを左右に揺らし過ぎると不安定になるので、スピードを出しつつ安定させる為にはレールに食い込ませた状態で上下に動かします。スケボーでも同じように、上半身を安定させて膝の屈伸でデッキを操作する練習をしてみましょう。

カービングターン

スケボーで気持ちよく街中を進むカービングは、サーフィンのアップスの練習に繋がります。日本の海の波は、海外の波と比べるとパワーが少ないのでアップス&ダウンが必要不可欠ですよね。波の力で加速できるサーフィンと違って、スケボーは加速させる為に自分の体の動きがとても重要になります。

まずは、基本的なカービングで上半身と膝の正しい動きを習得しましょう。正しいカービングができればカービングターンにも挑戦してみて下さい。サーフィンにおいてもカービングターンは、パワーゾーンをキープするためにも欠かせないテクニックですよね。

スケボーでカービングターンの練習をすると、腰の重心の入れ具合と膝の動きの感覚がより鮮明になりますし、波に左右されない地面だからこそ、深いターンや浅いターンなど色んなパターンが練習できます。

カットバック

カットバックの練習は、波の上と似たような条件になるスケートパークで行うのが理想的です。左右の手の動きがとても重要になるカットバックは、地上で動作を確認するだけでもイメージトレーニングになります。

動く波の上でバックアップするには、体を一定の姿勢に保たなくてはいけません。そこで、U字になっているスケートパークのランページを使って、体の動きを確認しながら行うのが良いのです。

サーフィンがオフの日でも感覚を忘れることなく、次のサーフィンの機会に活かせるはずです。

次へ >> オフザリップ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事