1. スケートボード ヘルメットやプロテクターなどボード以外に必要なものとは?

スケートボード ヘルメットやプロテクターなどボード以外に必要なものとは?

スケートボード ヘルメットやプロテクターなどボード以外に必要なものとは?

目次

スケートボードをはじめるにあたり、ボード以外に必要なものが他にもいくつかありますので、選び方や解説をしていきます。

スケートボードシューズ

スケボーシューズ
スケシュー 本皮 スエード使用 COWS3 カウズ3 BLACK 
amazonで詳細を見る

スケートボードでは靴で地面を蹴ってスピードを出したり、地面と靴の摩擦で勢いを減速させるなど靴の消耗が早くなります。通常のスニーカーなどではすぐに靴が破けてしまうため、耐久性が高く、ボードにフィットしやすい素材が使われるなど専門的に販売されています。選び方としては「ハイカットorローカット」・「ハイテクorローテク」・「レザー素材orスウェード素材」と分かれています。

スケシュー 本皮 スエード使用 COWS3 カウズ3 BLACK

ハイカットorローカット

基本的には好きなデザインのシューズを選んで問題ありません。値段はハイカットの方が相場は高く、HIPHOPの音楽に合わせたものが合います。ローカットはROCK系音楽に合います。

ハイテクorローテク

ハイテクシューズの方が作りが頑丈なので耐久性に優れている反面、硬くて足に馴染むのに時間がかかります。値段も高く、ハイカットシューズが多いです。一方、ローテクシューズは耐久性やクッション性はそれほど高くないものの、足に馴染みやすく、普段履いているスニーカーとあまり変わらない感覚になります。ローカットシューズが多いです。ただ、どちらも技術の発達でデメリット部分が改善されてきているので、まずは自分の服装にあったお気に入りの一足を見つけるのがいいかもしれません。

レザー素材orスウェード素材

レザー素材の方が耐久性が高くなる反面、足に馴染むのに時間がかかります。反対にスウェード素材の方が耐久性で劣る分、足に馴染みやすいです。他にキャンバス素材も好まれますが、耐久性がレザーとスウェードに比べて低いです。

>>ヘルメット、ニーパット・エルボーパッド・リストパッド

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>