1. スケートボード キックフリップのコツとは?!やり方や練習方法を解説!

スケートボード キックフリップのコツとは?!やり方や練習方法を解説!

スケートボード キックフリップのコツとは?!やり方や練習方法を解説!

目次

スケボートリックで一番初めの壁と呼ばれるオーリーができるようになったら、次に練習するのが今回解説するキックフリップです。もちろん他のトリックでも良いのですが、キックフリップはオーリーの延長で習得できるのでトリックなので、感覚そのままに練習が可能です。

今回はオーリーを超える難易度のキックフリップのコツ、やり方や練習方法を解説いたします。

キックフリップとは?

キックフリップとは、オーリーでデッキを空中に上げ、ノーズを蹴りぬいてデッキを一回転させるトリックです。自分の背中側に回転させるトリックなので、レギュラーのスタンスから見ると左回転、グーフィーのスタンスからだと右回転となります。キックフリップと逆にデッキを回すトリックがヒールフリップです。

キックフリップは空中でデッキを回転させるフリップ系トリックの基礎となるトリックです。キックフリップの精度が高くないと、フェイキーキックフリップや、フロントサイドキックフリップなどの上級フリップトリックは不可能です。

キックフリップはオーリーの発展形トリックなので、最低でも走行しながら20㎝の障害物をオーリーでジャンプできるようなスキルが必要です。

高さのあるオーリーができない人は、キックフリップにチャレンジするよりも高さのあるオーリーの練習を先にする必要があります。

オーリーの練習方法についてはコチラの記事で詳しく解説しています。

スケートボード オーリーの練習方法を徹底解説!

>>キックフリップのスタンス

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>