1. サーフィン 時計するなら?おすすめのブランドとその特徴をご紹介!

サーフィン 時計するなら?おすすめのブランドとその特徴をご紹介!

サーフィン 時計するなら?おすすめのブランドとその特徴をご紹介!

目次

サーフィンをするにあたり、気づいたら時間がすぎていたり、わざわざ時間を確認するために沖に上がって確認するのが面倒なことなどはありませんか。サーフィンをする際に時計をしておくと、常に時間を確認でき短い時間で効率よく波に乗る練習ができます。また、最近ではサーフィンをするにあたり便利な機能のついた時計も販売されており、より一層サーフィンを楽しめるようになっています。今回はサーフィンに特化した時計の特徴とオススメのブランドをご紹介します。

サーフィンに時計があると便利

FIPCURL
(リップカール) RIPCURL 時計 A01-001 BLK F
amazonで詳細を見る

少し冒頭でも説明はしましたが、まず常に時間を確認できるという点で時計があると、短い隙間の時間に時間に守ってサーフィンが楽しめますし、時間を決めて練習メニューを組めたりもできます。また、サーファーたちのためにタイドグラフという潮の満ち引き確認できるハイテクな時計も出てきています。タイドグラフあることで、今後の潮位の情報がわかるので、波が悪いタイミングと良いタイミングを踏まえた上でサーフィンを楽しめるので効率的です。

サーフィンに適した時計の機能・特徴

サーフィンをする上で時計があると便利ではありますが、具体的のどのような機能や特徴を持った時計がサーフィンに適しているのかをここでは解説します。

タイドグラフ付き

タイドグラフ付きのデジタル時計は、潮位のデータが見れます。また、日本全国と世界各地のスポットの情報を網羅しているものもあるので、旅行先でサーフィンを楽しむ際にも使えるようになっています。そのほか、日の出や日没のデータまで確認できる機能がついているものもあります。

防水機能

普段のファッションで使う時計にも防水機能が付いているものがありますが、気圧や潜る深さによって防水できる限度があるのでよく確認しましょう。例えば日常生活の範囲で防水対策がなされている5気圧防水や10気圧防水の時計は故障してしまう恐れがありサーフィンにオススメできません。100m防水以上または、20気圧防水の時計でしたら安心してサーフィンでも使えます。

軽くて大きすぎない

サーフィンをするにあたり、時計が重いと腕の負担にもなってしまうので、できるだけ軽いものを選ぶのをオススメします。特にバンドのところがシリコンの素材でできているものは軽量化されているのでつけていても気になりません。また、時計のサイズが大きすぎるのもはめていて気になりますし、あまりゴツゴツしているサーフボードに当たった際に傷つけてしまう恐れもあるので注意しましょう。

見やすさ

水中や、朝や夕方の薄暗い場面で時計をみるシチュエーションが多いのでLEDライトなどが搭載されている見やすい時計を選びましょう。また、見やすさでいうと文字盤が大きく表示されているかにも確認しておきましょう。

次へ >> おすすめのブランド

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事