1. スケートボードの種類とは?初心者向けにその特徴と種類をご紹介!

スケートボードの種類とは?初心者向けにその特徴と種類をご紹介!

スケートボードの種類とは?初心者向けにその特徴と種類をご紹介!

目次

スケートボードにはその素材や形、使用方法によって大きく3種類に分けることができます。ロングスケートボード、ストリートデッキ、クルーザーです。それぞれの特徴を解説していきます。

ロングスケートボード

ロングスケートボード
Landwalker ロングスケートボード完成品 クルージング コンプリート スケートボード「ABEC9べアリング採用」ロンスケ ロング デッキ (ブラック×オレンジ)
amazonで詳細を見る

一般的なスケートボードに比べてそのデッキの長さが長く、ウィールも大きいため、路面がどのようタイプであれ、安定した滑りを実現することができます。また、サーファーたちがオフシーズンに陸上で利用しているように、他の競技者からも使われています。

逆に、それだけ安定した走りができる分、オーリーなどのトリックを繰り出すことは難しいです。早いスピードで流れるようなカービングを楽しみたい人向けと言えるでしょう。

ロングスケートボード(ロンスケ)とは?遊び方や選び方を徹底解説!

ロングスケートボードの楽しみ方

・ダウンヒル

初心者の人はいきなりダウンヒルに挑戦するのでなく、平地でターンや減速の仕方を覚えてからにしましょう。

・スラローム

スキーやスノーボード、ショートのスケートボードでも行われている競技ですが、ロングスケートボードにもスラロームがあります。小さいカラーコーンを間隔を置いて並べ、そこを通過しながらタイムを競う競技です。

>>ストリートデッキ(ショートスケートボード)

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>