1. サーフィン テイクオフのコツとは?!足の位置など初心者必見!

サーフィン テイクオフのコツとは?!足の位置など初心者必見!

サーフィン テイクオフのコツとは?!足の位置など初心者必見!

目次

サーフィンにとって大事なテクニックである「テイクオフ」。サーフィンを始めたら、早いうちにしっかりと、正確なテイクオフを完璧にしておくことで、ステップアップのスピードも早まります。サーフフィンの基礎となるテイクオフをマスターする方法を解説していきます。

そもそもテイクオフとは?

波に乗る瞬間のことで、サーフボードに寝そべった状態でパドリングしながら加速をさせて波の勢いに乗って立ち上がる瞬間をテイクオフと言います。サーフィン歴が長い方でも、テイクオフを完璧にできることは永遠にないと思わせるテクニックで、奥が深いテクニックなのです。

そしてこのテイクオフで、スピードの付き方やその次のアクションの質が変わるとされています。奥が深い技とは言え、初心者の内に正確なやり方を覚えておくことが大事です。

※パドリングもテイクオフと同様、基礎のテクニックでありサーフィンを始めたら早いうちに覚えておくべきテクニックです。

ボードの上で腹ばいに寝そべって手で水を掻いて漕ぐことで、海の上を移動していきます。

テイクオフのやり方

①乗りたい波に合わせて、パドリング

乗りたい波を見つけたら、パドリングをしながら波に近づき、波の崩れ方や波の変化をイメージしながら、波のスピードに合わせて乗ります。

②パドリングなしでも、サーフボードが進む状態に

パドリングを繰り返し、サーフボードが波に押し出されて自然とボードが走り出す状態になったらパドリングを止めてボートに手をつきます。

③進行方向の前を向いて

立ち上がる時、目線は下げずに進行方向を向き、ボードを水面に押し込むようにして手をつきます。目線を下に下げるとボードと体のスペースが狭くなり、また下がった頭の重さでバランスが取りにくくなってしまいます。

④後ろ足を使ってバランスを

お尻を上げて胸とボードの間にスペースを作り、そこに足を移動させます。この時、軸足の後ろ足から位置を取ることで安定感が取りやすく、また前後の体重移動による力がかかり加速しやすくなるのです。

さらに、後ろ足の膝を外側に向けて立つことで、後ろ足が上げやすくなり、頭の位置もぶれにくく安定した姿勢をとることができます。

サーフィンは後ろ足で加重しながらバランスを取ることがポイントで、ボードのコントロールや加速、ターンをテンポよくできるようになります。

⑤後ろ足の膝を内側に

立ち上がる時には、後ろ足の膝を外側に向けて安定した姿勢を取りましたが、立ち上がった後には、膝を内側に入れて腰を落とします。

また足は八の字の位置に置くことで、安定感を増すことができ、波の動きに対しても柔軟に対応をすることができます。

慣れてきたら

テイクオフは、波の崩れ方に対応してアレンジをすることができます。掘れた波でのテイクオフの場合には、岸川の手を波側の手より前に置き、波側のレールに手を入れながらテイクオフすることができるのです。

波に合わせてアレンジができるようになると、より波を楽しむことができます。

次へ >> テイクオフのコツ

おすすめ記事