1. スケートボード 練習場所とは?初心者にオススメの練習場所をご紹介!

スケートボード 練習場所とは?初心者にオススメの練習場所をご紹介!

スケートボード 練習場所とは?初心者にオススメの練習場所をご紹介!

目次

スケボー初心者はどこで練習したら良いのか分かりませんよね。近くにスケボー専用のパークがあれば通えますが、そんな人はごく一部で多くのスケーターは練習場所の確保に苦労していると思います。

今回はスケボー初心者や、練習場所の確保に苦労しているスケーターに向けて、おススメの練習場所をご紹介します!

スケボー練習場所の条件

スケボーの練習場所の最低条件として以下の3つが上げられます。この3点の条件をクリアしないと、周りに迷惑をかけてしまいスケボー全体のイメージダウンに繋がりますので必ず守ってください。

  • 騒音も周りに迷惑をかけない場所
  • スムーズに滑れる路面状況
  • 深夜でも路面が確認できる照明設備

騒音でも周りに迷惑を掛けない場所

スケボーは地面を走るだけでもけっこう走行音が鳴ります。衝撃を吸収する柔らかいウィールや整備してすぐのツルツルしたアスファルトなら滑走音は多少軽減されますが、トリックの練習でテールを弾くのでやはり音は気になります。

自分が思っている以上にスケボーの練習音は周りに響くので、騒音でも周り迷惑のかからない場所で練習しなければいけません。スケボーの練習場所の定番として公園がありますが、住宅街の中にある公園は近所迷惑になる可能性があるので注意してください。

スムーズに滑れる路面状況

荒いアスファルトや細かい段差のある路面はスケボーの練習には向きません。悪路ではスピードも出にくいですし、ハードウィールだと滑走音も大きくなます。デコボコした路面はウィールの摩擦が大きく、ドライブを入れるトリックをするとパンクするリスクも高くなります。

スムーズに滑れる路面と、そうでない路面では練習のしやすさが大きく違うので、路面の状態は重要です。

深夜でも路面が確認できる照明設備

スケボーは滑走時に小石を踏むだけで急にブレーキが掛かります。急にブレーキが掛かると身を投げ出されて転倒するので、走行場所に物が落ちていないか確認できる照明があると安心して練習ができます。

また、トリックの練習ではスタンス(足を置く位置)が重要です。照明が暗い場所では、自分が今デッキのどこに足を置いているか分かりづらいですし、回しトリックを練習するのであればデッキが見づらいのは致命的です。

周囲の人から見ても暗闇でスケボーを練習している人には不安を感じると思います。トラブルを回避する上でも、路面が確認できる程度の照明設備は必要です。

スケートボード ショップご紹介!東京都内でおすすめショップ6選!

>>スケボーの練習場所

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>