1. スケートボード オーリーの練習方法を徹底解説!

スケートボード オーリーの練習方法を徹底解説!

スケートボード オーリーの練習方法を徹底解説!

オーリーの練習方法まとめ

オーリーのやり方&コツを上記で解説しました。初めからオーリーをやろうとすると非常に難易度が高いので、1~6を個別に練習してから繋げてオーリーに取り組むと良いでしょう。1つ1つの動作はそこまで難しいものではないので、コツさえ掴めれば簡単にオーリーを習得できます。

オーリーを練習する時には上半身にも気をつけてみてください。オーリーは後ろ足でデッキを弾くトリックなので下半身に意識が集中しがちですが、上級者スケーターは上半身のバネをつかってふんわり柔らかいオーリーをします。高さのあるオーリーを成功させるには上半身の使い方も重要となります。

スケボートリックは自分が考えているよりも大げさにからだを動かすと上手く行きやすいです。スケボートリックが上手にいかない人はからだの動きが小さく、力を上手く伝えきれていないパターンが多いです。こじんまりとしたからだの使い方をしていると、綺麗なトリックはメイクできませんし、何より上手に見えません。

一緒に練習できる友人がいる人は、自分のからだの使い方・フォームをお互いにチェックしながら練習すると効果的ですね!

他にも自分のトリックを動画で撮影して見直すのもおすすめです!スマホやビデオカメラで撮影して自分の滑りを見直すと、イメージしているからだの使い方と全く違うのが分かると思います。

オーリーはスケボートリックの最初の壁ですが、効果的な練習をすれば身に付けることができます。オーリーができるようになればスケボーは更に楽しくなりますよ!諦めずに練習してみて下さいね!

>>関連記事はこちら

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>