1. スケボー オーリーの練習方法を徹底解説!

スケボー オーリーの練習方法を徹底解説!

スケボー オーリーの練習方法を徹底解説!

目次

オーリーはスケートボードと一緒にジャンプするトリックです。オーリーはスケボートリックの基本中の基本のトリックで、ほとんどのトリックの起点となる技です。オーリーができないとジャンプトリックが成り立ちません。

しかし、オーリーは初心者にとって非常に難しく、スケボーにおいて一番初めの壁となるトリックです。スケボーに飽きてしまう人、挫折してしまう人のほとんどがオーリーが出来なくてスケボーを辞めてしまうと言われるほどです。

オーリーが出来るようになるとスケボーは俄然楽しくなります!オーリーに挫折してスケボーを辞めてしまうのは本当に勿体ありません。

今回はスケボートリック初心者、オーリーの壁にぶつかっているスケーターに向けてオーリーのコツ、オーリーの練習方法を徹底解説いたします!

オーリーのやり方&コツ

スケボー上級者はいとも簡単にオーリーをしてそのままトリックに繋げます。見ている側からすればとても簡単そうにオーリーをしていますが、これがとても難しいのです。

原理自体はとても簡単なのですが、いざ自分でやってみると中々上手くいきません。オーリーの手順を解説します。

  1. 正しいスタンスに足を置いて安定させる
  2. ジャンプする力を貯めるためにしゃがむ
  3. ジャンプと同時に後ろ足でテールを弾くように踏み込む
  4. デッキを前足で擦り上げて浮かせる
  5. 空中でスケボーを並行にする
  6. 両方のウィールで着地する

1つ1つの動作は複雑ではありませんが、この一連の動作を繋げることによりオーリーの難易度は格段に上昇します。初心者はスケボーを浮かせることすら困難です。

オーリー取得には1つ1つの動作を個別に練習して繋げるのが効果的です。最初から「後ろ足でノーズを弾いて前足を擦り上げてデッキを浮かせて~」なんて、自らオーリーの難易度を上げているようなものです。1~6までの動作を個別に練習していきましょう!

それぞれの動作で気を付けたいポイント、コツがありますので解説致します。

1.正しいスタンスに足を置いて安定させる

スタンスとはトリックをする前の足の位置のことです。オーリーを始めとするフラットトリックには必ず正しい足の位置、つまりスタンスが存在します。

オーリーの場合は後ろ足でテールを弾くように踏む込むので、後ろ足の踵を少し浮かせてつま先でテールの先端側の少し内側に乗せるのが後ろ足の正しいスタンスです。前足はデッキを擦り上げて浮かせるので、ノーズ側のビスよりも少し中心に寄せて場所がスタンスです。

スタンスがズレていると上手くスケボーに力を加えることができません。オーリーが上手くいかない人は足の位置、スタンスを確かめてみましょう。

オーリーを練習して間もない頃はこのスタンスに足を置く事すら難しいかもしれません。そのときはオーリーのスタンスに足を置きながらプッシュやチックタックをしてスタンスに慣れる所から始めてみましょう。さきほども言いましたが、正しいスタンスでなければスケボーに力を加えることができません。チックタックはスケボーの基本技ですが、スタンスを変えることで幅広い練習が可能となります。

2.ジャンプする力を溜めるためにしゃがむ

オーリーはジャンプしながら後ろ足でテールを弾くように踏み込むので、ジャンプするための力を貯める前動作が必要です。

1つ前の「正しいスタンスに足を置いて安定させる」ができていないこの動作はできませんね。

ジャンプする力を貯めるためにしゃがむ時に意識したいポイントは「目線の位置」です。しゃがむ時ついつい自分の足元やスケボーを見て目線が下がってしまいますが、これでは良くありません。目線が下がってしまうと、上半身が傾き、体幹がぶれて体制が崩れてしまい安定感を失ってしまいます。

安定感が無い状態でジャンプしても、スケボーに力を伝えるのは難しいですし、空中での体制も崩してしまいます。

ジャンプする力を溜める時は足元見ずに、進行方向を見るように顔を上げて目線を高く保ちましょう。そうすると自然に姿勢も良くなり、次の動作に安定感が出ます。

次へ >> 3.ジャンプと同時に後ろ足でテールを弾くように踏み込む

おすすめ記事